懲役13年のRNA塾長に比べれば期間工の3年なんて天国だと思える件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今年に入ってから職場の女性と1度も喋ってないさとやん7です。

 

 

さて、女性と言えばネットニュースでもご存知のように

リアルナンパアカデミー(以下RNA)塾長の女好きこと渡部泰介氏に対して、

懲役13年という非常に厳しい判決が下されましたね。

 

 

以前の記事でも少し触れましたが彼は大阪時代の顔見知り&同じ歳。

 

それだけに今回の事件は他のニュースとは違って身につまされるような思いでしたわ。

 

ちなみに今回の事件では犯行の悪質さもさることながら、

公判での発言内容から渡部泰介氏かなり歪んだ考えが浮き彫りになってますね。

 

どうやら反省の色は皆無で証言台の椅子に足を組んで座ったまま陳述してた模様。

 

 

しかも「女Bは嘘をついている。」という言葉が延々と繰り返されたそうです。

こういう時はBさんと呼ぶのが普通であって、

「女B」と呼ぶ被告人はそうそういないでしょう。

 

挙句の果てにはモテ自慢を始めて裁判長からたしなめられたとのこと。

 

さすがに渡部泰介氏のこのふてぶてしい態度には

裁判傍聴芸人の阿蘇山大噴火さんもビックリではないでしょうか。

 

 

まあ、確かに彼は17年前からそういう性格の片鱗は見え隠れしてたのですが、

RNAが最盛期には1000人を超える大組織にまで膨れ上がり、

塾生たちからカリスマとして祭り上げられた事で何かが狂ってしまったのでしょうね。

 

ちなみに下記はリアルナンパアカデミーの受講料金。

 

・通常コース 54300

・超初心者コース 74800

・スペシャルコース 298000

 

仮に全員が一番安い通常コースだったとしても5千万円を超える売り上げですよね。

しかも元手がほぼ0の商売だけに99%は利益。

 

物販なども手広くやってたみたいですから1億円くらいは儲けた可能性もあります。

だからそれを蓄財してれば刑務所を出た後も生活には困らないでしょう。

 

 

しかし43歳からの13年間という時間はあまりにも長いですよね。

出所した時にはすでに56歳。

 

期間工生活も懲役に例えられる事が多いのですが、

彼のように本当に13年も刑務所に入る事を思えば屁みたいなもんでしょう。

 

まあ今の自分は楽しい事も人間関係も全部捨ててるし、

寮では未だにテレビや冷蔵庫も無い状態で暮らしてるので、

そういう部分だけ見れば刑務所の暮らしと大差はないのですが、

あくまでもそれは自分で望んでやってる事ですからね。

 

ホンダ鈴鹿を出た後の生活を楽にするために敢えて3年間を犠牲にしてるのであって、

渡部泰介氏のように罪の償いで不自由な暮らしを強いられてるのとは訳が違います。

 

まあ、期間工って物事の負の側面しか見ずに

ああだこうだと文句を言っては些細な事で退職する人が多いし、

40代や50代のおっさんでも平気で突発を繰り返す光景が目立つのですが、

言わばそういうのって完全に甘えですよね。

 

刑務所に入ったら刑期を終えるまでは嫌でも出てこれないわけですし、

今日は気分が乗らないから仮病で休むなんていうバカな真似も許されないわけですから、

ここでの生活も懲役3年だと思って頑張るしかないでしょう。

 

我々のような底辺はキチンと3年間やり遂げてこそ次の道が開けるのであって、

それすらも我慢できない人間の末路というのは犯罪者と同じですよね・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。