マツダ時代に出会ったモンスター期間工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間工として働いてると必ず出会うのが変な人。

皆さんの職場にも必ず1人や2人は変わった人がいることでしょう。

 

特にマツダ時代は離職率が高いだっただけにたくさんの変人と出会いました。

今回はそんなモンスター期間工を紹介していきたいと思います。

 

突発大王

彼は配属当初から凄い勢いで突発や遅刻・早退を繰り返し、

在籍9ヶ月間で40回近くは欠勤が付いてたと思います。

当然、入社祝い金のマツダ支給分(15万円)や満了金は全てパー。

 

皆勤手当も在籍9ヶ月で1回くらいしか貰ってないと思います。

むしろこれで良く1回目の契約更新が通ったなという感じw

 

さすがに次の契約更新は無いと言われたみたいで、

最後は広島カープのリーグ優勝と同時にマツダを去っていきましたわ・・。

 

妖怪不潔男

彼は少し小太りでとにかく何もかもがズボラな男でした。

だから制服を3ヶ月も洗わずに着てましたね。

しかも夏場に・・(^^;)

 

彼は寮に入らずに1人暮らしをしてたみたいですが、

私服も毎日同じTシャツとジーパンだったので、

おそらく彼の辞書には洗濯という概念が無いのでしょうね。

着れなくなったら捨てるみたいな感じで考えてるのでしょう。

 

当然ながらその悪臭に耐えられない人たちから苦情が殺到して、

さすがの彼もようやく新しい制服を購入したものの、

またそれを洗わずに3ヶ月も着続けるというw

 

離島から観光にきたおじさん

彼は奄美大島から来た40代の期間工でした。

しかし何を思ったのか配属初日にいきなり早退。

そして翌日には早くも退職届けを提出。

 

まあ、これでは入社祝い金はおろか赴任の交通費すらも貰えないわけですから、

わざわざ奄美大島から何をしに出て来たのだろうという感じですが、

おそらくこのおじさんは広島観光に来たんでしょうねw

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。