競馬の予想会社に騙されて一文無しになった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は競馬の予想会社に騙されて大金を失った時のお話。

 

確かあれは自分が20代前半の大阪に住んでる頃だったかな。

 

実はその年の札幌3歳S(現2歳S)で千倍ついた馬連を1000円買ってたんだよ。

 

だから百万円を超える払い戻しを手にしたわけだよね。

 

 

いわゆる高額払い戻しってやつですわ。

 

ちなみにこれを換金するには自動券売機じゃなくて窓口に並ばないといけないんだよね。

 

しかも面白い事にその時は母親も同じ馬券を同じ金額だけ買ってたからそれも一緒に換金。

 

つまり200万円だよ。

 

 

今でこそ200万円くらいは1年で貯めれる金額だけど20代前半の若造からしたら今まで見た事がない大金。

 

おまけに俺は半グレ期間工なんて名乗ってるけど実はノミの心臓だからねえ。

 

京都のウインズでドキドキしながら換金したのを覚えてるわ。

 

 

とにかく銀行に入金するまでは生きた心地がしなかったよね。

 

まあ、こうなってくるともっと増やしたいと思うのが人間ですわ。

 

そんな時に見つけたのが某悪徳予想会社の広告。

 

 

確か情報料は1万円くらいだったと記憶してる。

 

当時の相場としては若干お高めだけど、何故か高ければ高いほど信用してしまうのがおバカな人間の心理w

 

すると最初の指示が菊花賞でセイウンスカイの単勝に20万円。

 

そしてこれが見事に80万円に化けたわけですよ。

 

 

しかしそれ以後は鳴かず飛ばずだったのでこの予想会社からはしばらく距離を置くことに。

 

でも何がキッカケだったかは忘れたけど翌年の春先に再び入会したわけだ。

 

すると単なるオープン特別でしたが30万円が280万円に化けてしまうというミラクル。

 

 

すぐに福原へ走ったねw

 

その後は心斎橋に行って60万円のベルサーチのスーツを買ったよ。

 

こうなってくると後は完全にブレーキの壊れたダンプカー状態w

 

まずは翌週のシルクロードSでトキオパーフェクトに100万円突っ込んだね。

 

さらにはステファニーチャンという駄馬の単勝にも70万円を投じた。

 

もちろん結果はどちらもカスリもしなかったわw

 

 

しかも当時の競馬予想会社の情報料は驚くことに1開催で40万円。

 

40万円と言えば中古の軽自動車が買えちゃう金額ですよ。

 

この大金を何の疑いも無く支払ってるわけだから我ながら恐ろしくなるよね。

 

そしてそんなコースに何度も入会した挙句に予想も外れまくるわけだから、どうなるかは言うまでもない。

 

 

当然ながらあっという間にお金は無くなりましたわ。

 

どうしても引っ込みが付かずに無人くんへも走ったけど審査に落ちて貸してもらえんかったw

 

ちなみにあの時代はサラ金の取り立てが社会問題化する前。

 

だからもし借りれてたら更なる地獄を見てただろうね。

 

それこそ期間工ではなくマグロ漁船に乗ってたかも知れへんわ・・。

 

 

まあそんなわけで一文無しになって途方に暮れたわけですよ。

 

そしてそんな時にふとネットを見たら被害者の会みたいなものがあってそこで全てを悟ったね。

 

ネットではその競馬予想会社の詐欺の手口が事細かに書かれてましたわ。

 

 

しかし時すでに遅しとはまさにこのこと。

 

すでに当時の彼女と別れて大阪のマンションも引き払うことに。

 

まさに全てを無くしてしまったわけですよ。

 

 

なお、後日談だけど数年後にここの社長が脱税で逮捕されたんだよ。

 

その額は実に20億円。

 

俺と同じくVIPコースに大金を突っ込んだ人たちがたくさんいたんだろうね。

 

そしてその時の新聞記事を見ると儲けたお金は全て・・

 

『競馬で使っちゃった!』

 

という本当に笑えない供述をしてましたねw

 

結局はこれが現実だよ。

 

期間工の中には競馬好きも多いからこれを教訓にして欲しいもんだね・・。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。