期間工はネットカフェ難民にとっての駆け込み寺!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

最低の週末に引き続き、悪夢の週明けに悩まされるさとやん7です。

 

 

ほんと、ここまで見事に裏目・裏目に出てしまうと仕事に行くのも嫌になりますよね。

今日はモチベーションだけで言えば今年で1、2を争うほどに低いです。

 

特にホンダ株なんか先週の木・金のように良い地合の時には全く反応しないのに、

逆にこういう地合の悪い時だけ同業他社よりもしっかりと反応するという・・w

 

 

さて、そんな不幸のドン底にいるさとやん7ではありますが、

それよりも更に不幸なのが小泉政権の負の遺産とも言うべきネットカフェ難民の存在ですよね。

 

まあ、ここ数年はネットカフェ難民に関する報道は鳴りを潜めてましたが、

この度の自粛要請で再び彼らの存在がクローズアップされてきました。

 

思えばさとやん7も博多駅前のネットカフェで1ヶ月ほど暮らした事がありますし、

20代前半の時には彼女の家を追い出されて難波の漫画広場で暮らしてた事もありましたよね。

 

それを思えばこんな住吉寮の糞みたいな環境でも幾分かはマシに思えてきます・・。

 

 

ちなみに行政側としてはネットカフェも自粛要請の対象なのですが、

それをしてしまうとそこで寝泊りする人たちの行き場が失われるという事で、

経営者やネットカフェ難民たちから反対の声が挙がってますね。

 

そりゃ安倍総理や小池知事から見ればネットカフェは単なる遊び場でも、

彼らにとってはあの狭いスペースこそが唯一の居場所ですから、

確かにそこを出て行けと言われたら怒る気持ちも分かります。

 

 

数多くの失業者を出したリーマンショックからすでに10年あまりが経過し、

当時に派遣切りを食らった人たちも今ではすっかり元の生活かと思いきや、

まだこれだけのネットカフェ難民が存在してるというのは大きな問題ですよね。

 

ネット掲示板を見ると自業自得みたいな意見が大多数ですが、

現実問題としてネットカフェ難民のような状態に陥ってしまうと、

そこからの脱出はなかなか難しいと言わざるおえないでしょう。

 

 

自分も日雇い生活は3年くらいやったので良く分かりますが、

やはり低賃金でダラダラと働いてるだけでは

いつまでも経っても悪循環からは抜け出せませんからね。

 

それどころかジワジワと追い込まれていきます。

 

だからそういう人たちが今の環境から抜け出そうと思ったら、

自動車系の期間工で住み込みで働く以外に方法は無いのです。

 

実際にそれで人生を立て直せた人は数多く存在するし、

自分もあのまま日雇い労働を続けてたら今頃は間違いなく野たれ死んでたでしょう。

 

そう考えると少し酷な言い方かも知れませんが、

今回の一件はネットカフェを出て行くにはちょうど良い機会だと思いますわ。

 

まあ今は時期が時期だけに新規の募集を停止してる会社も多いのですが、

それでもスバルなんかは5月以降の稼動を見込んで募集を継続してるので、

行政の用意した宿泊施設で嵐が過ぎるのを待つくらいなら、

思い切ってそちらに応募してみるのも手でしょう・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。