昔の知り合いがフェラーリを乗り回してワロタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

スバル時代は1回も女性との触れ合いがなかった

さとやん7@42歳です。

 

 

ちなみに今回のテーマはネオヒルズ族。

正直、期間工にあまり関係のないお話ですよね。

そのため生粋の期間工情報をお求めの方は回れ右。

 

では何故このテーマを取り上げたのか?

それはフェラーリに乗ってる知り合いの画像を見掛けたからです。

(※と言っても6年前のインタビュー記事ですが・・。)

 

まあ、ネオヒルズ族と言えばネットビジネスの完全な勝ち組。

期間工ブログでの成功を夢見る我々にとっても無視できない存在です。

おまけにそれが昔の知り合いとなれば尚更でしょう。

 

そして今回の記事の要点はこんな感じ。

 

・昔の知り合いがネオヒルズ族になってた

・フェラーリに乗っててワロタ

・ドバイで4時間で1200万円

・さとやん7もネオヒルズ族になってたかも!?

・ネット系で成功する人はリミッターを外せる人

・ネオヒルズ族は意外に悪評が多い

・120万円の情報商材が売れる世の中

・リアルナンパアカデミーの塾長が逮捕?

・人はお金が儲かり始めるとおかしくなる!?

・ネット系の成功者は努力家&天才が多い

 

 

なお目次は下記のような感じです。

目次に戻りたい時は右下の矢印ボタンを押せばOK

←こんな感じのボタン

 

では、早速いってみましょう。

 

ネット社会の勝ち組を紹介

ネオヒルズ族

ネオヒルズ族って?

「ドバイの高級クラブで1200万円も使いました。たったの4時間で!」

フェラーリに乗りながらそう答えるチャラ男のお兄ちゃん。

一言で言ってしまえばこれがネオヒルズ族です。

彼らは仕事よりもド派手な生活の方が注目を浴びてましたよね。

有名どころで言えば何と言っても与沢翼さん。

後は久積篤史さんとか土屋博嗣さんも有名ですよね。

(※今は3人とも六本木ヒルズからは撤退)

なにやら毎晩のようにグラビアアイドルとの飲み会も開催されるそうです。

言わば毎日がダンサブルナイツ。

 

まあ期間工の身には無縁の世界ですよね。

ちなみに彼が4時間で使った1200万円というお金。

これは我々がフル満了まで働いてようやく稼げる税込みの給料に匹敵します。

しかもフル満了まで生き残れる人間なんて全体の1割もいませんからね。

まずは配属ガチャで工程と人間関係に恵まれ、

尚且つ最低限の能力と我慢と健康管理が必要。

そういう条件が全て揃った上で3年間も掛かってようやく稼げるお金が1200万円。

しかも貯金となると1年200万円としても6年も掛かる計算です。

それを4時間で飲み代に使うのですから凄い世界ですよね・・。

インタビューを読んで思うこと

ネオヒルズ族のインタビュー記事には過去の苦労話が書かれてました。

西成の家賃45000円の部屋に住んで日雇いをしてた話。

ホリエモンのセミナーに参加してアフィリエイトに目覚めた話。

そこから東京に進出して今の地位に上り詰めた話。

まあ普通に読んでたら『ふ~ん』で終わりだったでしょう。

特に琴線に触れるような話でもありませんからね。

でも自分の場合はその初期に関わりがあっただけに凄く複雑な感じ。

実際に西成の部屋には何度も遊びに行ったことがありますからね。

東京進出後も恵比寿や六本木ヒルズの部屋に遊びに行きました。

しかもそのネオヒルズ族の成功の足掛かりになったアフィリエイトにしてもそう。

一時期は彼と一緒に住んで同一生計でやってた事もあるんですよ。

だからもしかしたら自分にもそういう人生があったのではと考えてしまいますよね。

実際にあの当時は自分も最高月収が150万円を超えましたから・・。

彼はそのチャンスを生かしたからこそネオヒルズ族にまで上りつめたし、

逆に自分はそこで掴み損ねたから回り回って今は期間工。

まさに悪循環の典型的なパターンと言えるでしょう。

ネットビジネスの成功と悪評は表裏一体?

ちなみに元ネオヒルズ族たちの評判ですが決して良いものではありませんよね。

むしろネットでは厳しい意見の方が大多数を占めてます。

まあこれは仕方ないところでしょう。

やはり綺麗ごとだけではこれだけの資産を築けませんからね。

おそらくグレーゾーンの道もかなり歩いてるのだと思われます。

前述のネオヒルズ族にしても最盛期の年商は20億円。

まあ自分のような凡人が20億円と言われてもピンときませんが、

確か少し前に発表された日産の営業利益が16億円でしたよね。

そう考えるとアフィリエイトの売り上げとしては物凄い数字。

このブログの売り上げなんて未だに1円とか2円の日もありますから・・(^^;)

 

『僕の思いとは違い過ぎます・・』

 

ちなみにこれって期間工ブログの世界と似てると思いませんか?

このジャンルもトップブロガーの手法には多くの批判が集まってますよね。

ハッキリ言ってしまえばクオリティの低い記事の量産にパクリ記事のオンパレード。

でも彼らが莫大な収益を上げてるのは紛れも無い事実。

逆に何時間も掛けて一生懸命に記事を作成したブロガーの売り上げが1円とか10円。

その結果、割りに合わずに止めてしまう人が後を絶ちません。

(※ブログの数だけは雨後のタケノコのように増えていきますが・・)

そう考えると真面目にコツコツでは厳しいのがアフィリエイトの実情でしょう。

ネットで成功する人とそうでない人の違いは?

『良質の記事こそが最高のSEO』

最近はこういう事を言い出す人が増えてきましたよね。

しかし儲かってる事で有名な期間工ブログを見て下さい。

彼らの作成したブログに良質な記事が幾つ存在しますか?

ほとんどがネットで適当に調べただけの情報を繋ぎ合わせただけの記事。

働いた事も無ければ知り合いもいないような会社を平気でおすすめ。

挙句の果てに寮や給料の情報も転載という名のパクリ。

それでも売り上げは有益な情報を提供してるブロガーの100倍や1000倍。

これが現実なんですよ。

 

要は常識のリミッターを外せるかどうかですよね。

ハッキリ言ってしまえばやったもん勝ちなのがネットの世界。

もちろんそれに対する批判は多いです。

だから普通の人にはなかなか踏み込めない領域。

でも彼らはそんな事は意に介さずに今でも手法は変えません。

それどころかSNSやユーチューブなどにも積極的に進出。

おまけに利益が出始めると悪びれるどころかまるで成功者かのような言動に変化。

つまりネットで成功するにはこういう鉄のメンタルが必要不可欠なんですよね。

逆に常識や理性でブレーキを掛けてしまう人はアフィリエイトに向いてないでしょう。

作業量はモチベーションに比例?

成功してる人たちの原動力となってるのは何か?

それは言うまでもなくお金ですよね。

でもお金を儲けたいという漠然とした気持ちではありません。

彼らを突き動かすのはすでにそこそこの利益が発生してるという現実です。

毎日、何万円もの利益が出てたらそれを失いたくないと思うのは当然ですからね。

ましてやそれが何十万、何百万という規模になれば尚更です。

どんな手を使ってでもと思うのは当然でしょう。

これが儲かってない人との決定的な違い。

逆に利益が少ない人はモチベーションを維持するだけでも困難。

たまに1ヶ月とかブログを休む人がいますがまさにそれですよね。

その結果、成功する人とそうでない人の差はどんどん広がっていくわけです。

お金儲けの魔力

ネオヒルズ族たちの評判

ネットで検索するとネオヒルズ族の悪評で最も多く出てくるのが、

高い情報商材を買ったけど儲からなかったということ。

まあ確かに何十万もする情報商材を買って成果が出なかったら

お金を返せと言いたくなる気持ちも分からなくもありませんよね。

しかもプラチナ会員は120万円という世間一般の常識では考えられない値段。

なにやらネオヒルズ族のパーティに参加できる特典付きらしいのですが、

おそらくカラテカの入江が宮迫を連れて闇営業に来るのでしょうw

正直、グレーゾーンギリギリの商売である感は否めませんよねえ。

ネオヒルズ族が解散してしまったのも色々と問題があったからでしょう。

ただ、これに関しては売る側が100%悪いとも言い切れません。

実際に情報商材って掲載されてる情報自体は正しいと思うんですよ。

要はそれに値段に見合った価値があるのかどうか。

その判断は人それぞれなので非常に難しいところです。

それにこれを詐欺だと言い出したらホリエモンの商売もアウトですからね。

(※一緒に寿司を食べるだけで何十万円)

やはりこの手の商売は商品そのものの価値だけじゃなく、

売り手側のブランド力に対しても値段が付いてるわけです。

だから買う方もそれに対してお金を払ってるという側面も大きいでしょう。

実際にネットであれだけ悪評があるにも関わらず、

未だに東京の一等地に事務所を構えて商売が成り立ってるのが何よりの証拠。

なぜ高額な情報商材が売れるのか?

これは簡単ですね。

何故なら多くの人は高い商品=高品質という思い込みがあるからです。

そして結果が出ないと何かに縋りたくなるのも人間。

そういう時に巧みなセールストークをされたらイチコロでしょう。

もちろんこれは競馬の予想会社とか投資系も全て同じ。

実際に自分も過去には競馬予想会社に騙された経験がありw

まあ個人的にはネット系の情報商材やセミナーには何の価値も無いと思います。

あれは道端の石ころに如何に価値を持たせるかが勝負ですからね。

つまり夢を叶えるお手伝いではなく夢を見させるのが情報商材ビジネス。

彼らはそのへんの心理を操るのが実に巧妙。

だから高額が情報商材がポンポンと売れていくわけです。

なんと言っても原価0円の商品が何十万円ですからね。

そりゃ笑いが止まらないはず。

だからこそ情報商材ビジネスに人が群がるんでしょうね。

情報商材で検索するとこれでもかというくらいに胡散臭い広告が出てきますw

リアルナンパアカデミーの事件を見て思うこと

少し前に11人の逮捕者を出して話題になった事件。

中には東京メトロの社員である根本賢(27)容疑者も含まれており、

わざわざ東京メトロがコメントを出したことでも話題になりましたよね。

当然ながらナンパ塾塾長の渡部泰介容疑者(42)も逮捕。

実は自分はこの塾長を大阪時代に何度か会ったことがあります。

こういう事件を起こすとは思えない人当たりの良い人物でした。

ナンパも無料で教えてもらいましたからね。

まあ、これも儲かり過ぎて悪い道に走ってしまった例でしょう。

おそらく最初は趣味の延長線上みたいな感じで始めたのだと思います。

実際に料金もそんなに高くなかったと思うんですよね。

でも商売が軌道に乗るにつれて徐々に料金も値上げしていき、

今やマンツーマンコースだと12時間で約30万円。

そりゃバカみたいに儲かったことでしょう。

なんてったって元手は0ですからね。

月に1人でも客が来れば期間工と同じ月収を手に出来るわけです。

彼の場合はカリスマ的な人気があったので月収は100どころではないはず。

下手したら我々の年収くらいは毎月稼いでたのかも知れませんね。

そして人間って儲かり始めると歯止めが効かなくなるもんです。

その結果としてどんどんエスカレートして行ったのでしょう。

ネット系ビジネスで成功する人の人物像は?

一般的にネット系に走るのはオタクというイメージが強いことでしょう。

でもそれは一昔前の話ですね。

今は見た目も頭も良いというのが絶対条件。

単にパソコンに詳しいだけのオタクでは通用しなくなってきてます。

未だにキモオタとか知識0でも成功できるのは期間工ブログくらいのもんですね。

実際に元ネオヒルズ族もナンパ塾の塾長も頭は天才と言えるレベル。

特に後者なんか有名国立大学を出てますからね。

そして彼らは人の何倍も努力するし、研究熱心で向上心も行動力も根性も凄い。

元ネオヒルズ族はビジネスや経済の本も毎日何冊も読んでたし、

貧乏な時代から高額なセミナーに足繁く通ってました。

だから経済や士業関係の知識もプロ顔負け。

期間工ブログみたいにネットから適当に拾ってきたいい加減な知識ではありません。

またコミュニケーション能力も自身のブランディング能力も素晴らしいです。

人をひきつける魅力があるので貧乏な時代から女性にもモテてましたね。

当然ながら人脈もカラテカの入江並みに広いです。

だからどんな分野でも間違いなく成功するでしょう。

営業マンをやっても余裕で全国トップクラスになれると思います。

仮に期間工の道に入ってもすぐに職場の人気者。

正社員登用も一発合格であっという間に出世していくはず。

あそこまで能力があれば配属ガチャとかそんなのは関係ありませんからね。

どんなに気難しいパワハラ上司でも彼らには一目置くでしょう。

1ヶ月やそこらで期間工を逃げ出して合理的とほざく今の若者とは根本的に違います。

お金儲けは悪いことですか?

昔、村上ファンドの代表がそんなセリフで大バッシングを浴びてましたよね。

でも回り回って今はそれが肯定される時代になってきたのかも知れません。

元ネオヒルズ族もナンパ塾の塾長もどんな分野でも成功できる能力があるのに

そんな彼らが揃いも揃って選んだのはグレーゾーンの商売ですからね。

これが今の世の中を如実に表してると思います。

そりゃ効率だけで言えば真面目にコツコツ働くよりも何百倍の速度で儲けられますから・・。

やはり頭の良い人ほど最終的にはここに行き着くのでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。