N-BOXとN-VANのリコールで今後のホンダ鈴鹿の生産や株価はどうなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

何気に不具合の発見率が高いさとやん7です。

 

 

というのも実は自工程の部品係りを担当してる社員があまりにも間違いが多いので、

最近は始業前や休憩中に自分で数や色などを細かくチェックしてるのですが、

それが結果的に不具合の流出阻止に繋がってるんですよね。

 

そう考えると皮肉なもんですわ・・。

 

 

ちなみに不具合と言えばまたもやホンダからリコールが発表されましたね。

 

ようやくN-WGNの不具合が解消されてフル生産再開になったと思ったら、

今度はN-BOXとN-VANに不具合が見付かって18万5902台ものリコール。

 

 

どちらも非常に売れ行き好調なホンダの看板車種ですね。

それだけに今回のリコールはかなりの痛手でしょう。

 

なお、リコールの内容は下記の2つだそうです。

 

・バックの際に点等すべきライトがつかない可能性がある

・発車時にエンストして走行できなくなる恐れがある

 

まあ、コロナウイルスの影響で自動車会社の株価が軒並み大幅下落する中で、

何故かホンダの株価だけが強かったので1000株ほど買いを入れようか迷ったのですが、

さすがに今回のリコールで株価は下がるのではないでしょうか。

 

 

それと今回のリコールが生産に及ぼす影響ですが、

リコール対象車種の製造期間は2017年7月~2019年1月の分らしいので、

現状での生産にはほとんど影響が無いのではと思われます。

 

だからN-WGNの時みたいな生産停止はよもやないでしょう。

 

そりゃ再び違う不具合が見付かれば話は別でしょうけど、

可能性で言えば1%も無いはず・・。

 

ただ、実際にN-WGNという前例がある以上は

N-BOXやN-VANも可能性が無いわけではありません。

 

得てして悪い時には悪い事が重なるもんですからね・・。

 

 

もし万が一にでもそんな事になったら地獄の平常勤務が復活するだろうし、

尚且つ休日出勤祭りも一旦棚上げとなってしまうので、

さすがにその場合は迷わず退職を選びますわ。

 

作業のしんどさや人間関係に関しては幾らでも耐えられますが、

給料だけは根性ではどうにもなりませんからね。

 

手取り20万円以下では働く意味が無くなってしまいます。

 

だからこれ以上事態が悪化しない事を祈るだけですね・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。