【2年半で1千万円の給料】ウオクニ弁当を愛するマツダ期間工のまとめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウオクニ弁当こそが最高のご馳走。

こんにちは。

さとやん7@グルメです。

あれこそが本当の期間工飯ですよねえ・・。

 

 

さて、わたくしごとではありますが2018年の10月某日。

2年半にも及ぶマツダ期間工としてのお勤めを無事に終えました。

そこで今回はまとめ記事を書いてみようと思います。

 

要点はこんな感じですね。

 

・入社祝い金は35万円

・日給は8000円でも年収は400万円

・残業すれば美味しい給料システム

・宇品はマツダ期間工のオアシス

・有給休暇が1ヶ月くらいで発生

・給料は2年半で1千万円オーバー

・入社式はスーツ?

・試用期間の延長には注意!

・マツダは派遣社員もいるのか!?

・9回も部署移動させられた人がいる

・50代でも正社員登用に受かる

・北海道や沖縄から来てる人も多い

・女の子は2割

・奄美大島から出て来て2日で逃亡した人がいる

 

 

なお目次は下記のような感じです。

目次に戻りたい時は右下の矢印ボタンを押せばOK

←こんな感じのボタン

 

では、早速いってみましょう。

 

目次

マツダ期間工のまとめ記事

応募から赴任まで

選考会は西日本が中心

マツダ期間工の選考会は以下の地域で開催されてます。

まあ、広島の会社だけに西日本が中心ですね。

東北 宮城・青森
関東 東京
中部 愛知
関西 大阪・兵庫・京都
中国・四国 岡山・広島・島根・山口・香川・愛媛
九州 福岡・長崎・大分・宮崎・鹿児島

ただし、派遣会社を通せばこれ以外の都道府県に住んでても安心。

今は選考会の会場までの宿泊費や交通費を出してくれる派遣会社も多いですからね。

実際にマツダ期間工には南は沖縄から北は北海道まで幅広い地域から来てる人たちがいます。

中には離島(奄美大島)から来てる人もいました。

マツダ選考会の流れ

実はマツダ期間工の選考会は何気にやる事が多いです。

 

大まかな流れは以下の通り。

 

全員で筆記試験

 

 

全員で適正検査

 

 

個別で面接

 

実はこの適正検査が何気に厄介なんですよね。

スーツを着たままスクワットとか反復横跳びなんかをやらされますw

要はちゃんと体が動くかどうかのチェックですね。

でも、それならスーツで来さすなよって感じ。

後は手先の器用さを見るための適正検査もあります。

でもこちらはそこまで気にする事はないでしょう。

普通に手が動けば問題無いレベルです。

面接も質問内容は非常にオーソドックス。

普通に答えてれば大丈夫でしょう。

まあ全部で2時間くらいですね。

参加者が少なければ面接の待ち時間が無いのでその分だけ早く帰れます。

入社から現場配属まで

最初の1週間の大まかな流れ

 

マツダ期間工の入社式は原則的に月曜日です。

(※月曜が祝日の場合は火曜日)

 

そこから1週間の流れか以下の通り。

 

月 入社式→健康診断→座学

 

火 配属先の発表→座学→作業訓練

 

水 作業訓練

 

木 作業訓練→座学→顔見せ

 

金 現場配属

 

土 休出があれば出勤

 

日 休み

 

ちなみに現場配属は所属先が夜勤週ならいきなりの夜勤スタートです。

(※ただし木曜日の顔見せだけは反対番の職長が担当)

職場までのルートも昼と夜では全然景色が違ってくるので注意しましょう。

たまにそれで道に迷って遅刻してしまう人がいます。

なお、入社日が火曜の場合は現場配属は翌週の月曜日から。

このパターンだと体力的には非常に楽ですよね。

実際に自分はその流れでした。

入社式にスーツは必要か?

マツダ期間工は入社式の服装はスーツという指定があります。

でもこれは何年も前から期間工の間で議論されてますよね。

一応、スーツと指定されてる以上はほとんどの人がスーツで来ると思います。

実際に自分の時も私服で来たのは30人中2人だけでした。

でも実際問題としてスーツで来る必要は無いですよね。

それどころかハッキリ言ってしまえば邪魔。

入社式の後は健康診断や制服のサイズ合わせがありますからね。

 

でも結論から言えば会社がスーツを指定してる以上はスーツで行くべきですね。

言わばそれも仕事の一環ですから。

そこに自分なりの変な拘りは必要無いと思います。

だから入社式には迷わずスーツで行きましょう。

試用期間の延長には注意

マツダ期間工の試用期間は入社から2週間です。

内訳としては配属前と配属後にそれぞれ1週間ずつ。

まず配属前の訓練で不合格を食らうと現場配属が1週間遅れます。

もしそこでも合格レベルに達することが出来ないと本採用にはならずに契約終了。

早い話が実質的なクビですね。

 

そして配属後の試用期間ですがこちらは最大で2週間の延長。

つまり配属前と配属後の両方で延長を食らってしまうと試用期間は合計で5週間になりますね。

特に問題が無ければ入社から2週間で本採用の通知を渡されます。

マツダは試用期間が延びればそれだけ有給休暇の付与も遅れるので大変ですね。

実際に自分は配属後に試用期間の延長を食らって有給休暇の付与が大幅に遅れました。

 

ちなみに本採用になるかどうかは職長の判断によるところが大きいです。

過去にはフル満了後の再入社にも関わらず本採用にならなかった悲惨な人もいました。

早い話が職長に嫌われたら終わりということですね。

概要や労働条件

期間工の配属工場

マツダは広島の本社工場と山口県の防府工場があります。

振り分けは会社任せではなく最初から希望先の工場に応募する形ですね。

ただし、メインは広島の本社工場。

防府は広島工場と比べると期間工の数は少ないです。

そのため派遣会社でも広島工場しか扱ってないところもあります。

ちなみに生活環境で言えば断然広島工場。

防府の方は車を持ち込めるメリットがあるものの立地は田舎。

だから初心者は広島工場を選ぶことをお奨めします。

本社工場の最寄り駅

マツダ本社工場の最寄り駅はJRの向洋駅になります。

広島駅からは2駅。

時間にして10分くらいですね。

乗降客の大半が学生やマツダ関係者というローカル駅です。

特急は止まりません。

ここから本社工場までは地下道を通って徒歩5分。

近くにはマツダ病院があります。

朝方や夕方はマツダ期間工が大量に座り込んでますね。

契約期間

マツダ期間工の初回契約期間は同業他社と比べて少し長めの半年です。

以後も半年単位の契約を繰り返して最長で2年11ヶ月。

よって最後だけが5ヶ月になるわけですね。

ちなみにマツダは給料の締め日が月末ではなく毎月10日。

だから勤務期間のカウントは入社後の最初に訪れる給料締め日の翌日から。

期間工の年齢層と出身地

マツダ期間工は年齢層が非常に高いことで有名です。

車体メーカーでこれだけ50代が多いのはホンダくらいでしょう。

もちろん10代や20代も非常に多いです。

あまり知られてませんが何気に女の子も多いですよ。

出身地も北は北海道から南は沖縄まで。

特に最近は九州と関東の人たちが増えましたね。

自分が入社した当初は地元民か近県の人間ばかりでした。

それが今では地元民の方が少ないという職場も珍しくありません。

しかも半数以上が未経験者。

むしろそういう人たちの方が長く生き残ってる印象ですね。

経験者は思ってた雰囲気と違うみたいで自己都合退職していく人も多いです。

中には世界のトヨタでフル満了した後に自信満々で来て1ヶ月で逃げ出した人も・・。

仕事

勤務時間

マツダ期間工は大半の人が2交代制の職場に配属されます。

日勤と夜勤を1週間ごとに繰り返すシフトですね。

あとは常日勤とか4勤2休の連操勤務もありますが割合的には極少数。

特に組み立て系ならほぼ2交代制だと思っておきましょう。

なお2交代制の勤務時間は以下の通り。

 

日勤 8:15~17:00

 

夜勤 20:15~5:39

 

あとはこれに日勤2時間、夜勤1時間の残業が加わる感じですね。

まあ日勤でフル残業だと終了が19:15になるので寮に戻れるのは20時過ぎになってしまいます。

そのため平日は夕食を食べて風呂に入って洗濯して寝るだけになるでしょう。

しかもそんな時間に帰ると寮の食堂はほぼ売り切れ状態。

それに夜勤で1時間残業するとちょうど通勤ラッシュと被る時間帯。

よって電車通勤の人は夜勤明けはかなり大変でしょう。

しかも寝るのが朝方だと想像以上に体にダメージがありますからねえ。

自分は夜勤が嫌でマツダへの再入社を躊躇してるくらいです。

だからこれからマツダで働こうという人は夜勤のしんどさは覚悟しておきましょう。

社員登用は50代でも可能?

マツダは期間工1年以上勤務すると誰でも受験資格が得れます。

同業他社のように上司の推薦などは必要ありません。

そのため自分のような人間にも更新の時期になると登用試験の案内が渡されます。

まあ、これって何気に大きいですよね。

同業他社だと上司の推薦が必要なので尻込みしてしまう人も多いですから・・。

だから50代の人でも普通に受験します。

そして驚くべきは40代や50代でも合格実績が多いこと。

自分の知り合いでも40代で合格した人は多数。

しかも彼らは決して仕事が出来るタイプではありません。

むしろ上司からは疎まれるタイプ。

そういう人でも合格するわけですから実に公平と言えるでしょう。

まあ部品メーカーならアイシンAWなどは年齢層が高くて有名ですけどね。

でも車体メーカーでこれほどまでに正社員の門戸が広いのは非常に稀。

だから正社員希望の人はマツダ期間工がお奨めです。

ちなみにマツダは期間工上がりの職長も多いです。

むしろ新卒でダラダラ過ごしてきた人よりも出世が早い印象。

中には社員登用から僅か7年で職長まで上り詰めた強者もいましたわ。

工程変更や部署移動が多いのか?

マツダは期間工もプロパーも部署移動が多い印象。

中には2年11ヶ月の間に9回も部署をたらい回しになった強者がいましたわ。

ただし部署移動は原則的には同じ課の中だけ。

どうやら課を跨いでの移動だと面倒くさい手続きが必要らしいです。

そのため職長同士がジョーカーを押し付けあってる感じですね。

自分が2年半の在籍で課を跨いでの移動を見たのは2例だけ。

ちなみに部署移動を食らうと悲観して辞めてしまう人が結構いました。

でもマツダは同業他社と比べて移動が多いので気にする事はないでしょう。

TPMは期間工でも参加できるのか?

マツダでは生産が無い土曜日や日曜日にTPMを行うことがあります。

これは作業場のレイアウト変更などを行うための休日出勤です。

まあ物流系の職場だとペンキ塗りなども多いですね。

後は工場長の視察前などは念入りに掃除も行います。

なお、これは生産の休日出勤と違って全員出勤ではありません。

出たい人だけの希望制です。

そして限られた人数しか参加することが出来ません。

原則的には社員が優先。

足りない分を期間工で補うという感じですね。

中には毎週のように出る期間工もいます。

逆に自分のような人間は1年に1回出るかどうか。

まあ、声が掛からないという事は上司から嫌われてる証拠ですね。

おそらくこの辺は社員登用にも地味に関係してくると思います。

だから上司との関係は良好にしておきましょう。

マツダ期間工の有給休暇は特殊?

実はマツダ期間工の年次有給休暇はかなり早い段階で付与されます。

ある意味ではこれこそがマツダ期間工の最大の魅力だと言えるのかも知れませんね。

 

なお、そのタイミングは

試用期間終了後の最初に訪れる給料締め日の翌日

 

まあ、この表現だと少し分かりにくいかも知れませんね。

例えば1月9日付けで本採用になった人がいるとしましょう。

そしてマツダの給料締め日は毎月10日です。

つまり1月10日が上記の最初に訪れる給料締め日に該当するわけですね。

そして翌日の1月11日から有給が使えるようになります。

 

しかし1月11日付けで本採用になった人の場合は少し違ってきます。

何故ならすでに給料締め日が過ぎてしまってますからね。

つまり翌月2月10日が最初に訪れる給料締め日になるわけです。

そして有給休暇が使えるようになるのは翌日の2月11日から。

だから入社のタイミングというのは非常に大事ですよね。

有給休暇の消化パターン

マツダ期間工の有給消化パターンは下記の3つです。

 

・1日有給

 

・午前休

 

・午後休

 

まあ半休は遊びに行くために使うというよりは寝坊や体調不良の時が多いですね。

自分は朝起きて体調が悪くても取り合えず出勤するだけして無理なら午後から帰るという感じ。

あとは寝坊した人などは午前中を半休にして午後から働くというやり方でした。

なお、半休は夜勤でも使用が可能です。

ただし区切りの時間が深夜になるので交通手段は自分で確保しないといけません。

だから寮住まいの期間工は夜勤で半休を使用する人は稀ですね。

それと退職時の有給消化ですがマツダは有給消化に関しては寛容。

だから特に問題無く全て消化してから辞められると思います。

実際に自職場では自己都合退職の人間も全員が有給を使い切ってからの退職でしたからね。

中にはフル満了前に20日をまとめて消化した強者もいました。

大原寮の概要

マツダ大原寮は7階建てで新入社員と期間工を合わせて約400人が暮らしてます。

(※エレベーター有り)

まあ男性だとこの大原寮か隣の小磯寮に入寮の可能性が高いですね。

門までは徒歩5分の好立地です。

後は男女混合の第2小磯寮。

北門側にある大洲寮や松風寮などもあります。

最近はレオパレス組も増えましたが海田や横川なので通勤に時間が掛かるのが難点ですね。

部屋はワンルームの個室

マツダ期間工はワンルームを1人で使えます。

しかもフローリングスペースもあるで部屋の間取りは合計で8畳ほど。

(※ただしフローリングのスペースには2段ベッドが2つ設置されてます)

まあでも1人で住むには十分過ぎる広さですよね。

実際に数十年前は新入社員が4人で住んでたそうです。

今でも2段ベッドが2つ置かれてるのはその当時の名残りでしょう。

防音もしっかりしてるのでよほど神経質な人以外は快適なプライベート空間だと思います。

備え付けの備品

マツダ大原寮の部屋には生活に必要な備品が最初から用意されてます。

具体的に挙げると以下のような感じ。

 

・テレビ

 

・冷蔵庫

 

・エアコン

 

・寝具

 

・机

 

もちろん使用料などは一切掛かりません。

光熱費も無料なので夏場も冬場もエアコンは使い放題。

まあこれだけあれば身一つで入寮しても何ら問題はありませんね。

自分で用意しないといけないのはシャンプーやボディソープなどの日用品だけ。

大原寮の共有施設

マツダ大原寮では風呂やトイレは共同です。

まず風呂は1階に大浴場が2箇所あります。

ただし、昼間や深夜の時間帯は使えません。

だから夜勤明けでそのまま寝てしまうと悲惨ですね。

しかも水虫の危険性が大。

実際に自分はそれで病院へ通いました。

あとはトイレですが各階に2箇所。

数が多いので朝の時間帯でも安心です。

ただし、9割が和式便所ですね。

数少ない様式もウォシュレットなんてものはありません。

洗濯機の利用には注意が必要

 

洗濯機は1回100円の利用料が掛かります。

スバルやホンダのように無料で使えるわけではありません。

そしてここで一つだけ注意しないといけないのが、

洗濯物の引き取りが遅れると窓から捨てられてしまいますw

これは冗談じゃなくて本当の話。

あとはコーラをぶちまけるなんていう陰湿な真似をする人も多いですね。

食堂

マツダ大原寮の1階には食堂があります。

経営は他寮のようにウオクニではなくここだけが広島駅弁。

そのためメニューやシステムが少し違うので注意が必要。

某ブログに掲載されてるのはウオクニ経営の食堂の分です。

 

なお営業時間と利用料金は下記の通り。

項目 営業時間 値段
朝食 6:00~8:30 344円
昼食(土日のみ) 11:30~13:00 428円
夕食 17:00~21:00 596円
食事代の支払いは喫食カード

寮の食堂は喫食カードで支払います。

(※入寮時に全員にレンタルされます)

料金は月末締めの翌月給料引き落とし。

そのため貯金が無い赴任直後でも気にせずに食べれますね。

またこのカードは別の寮でも使用が可能。

マツダ大原寮の朝食の一例

どうですか?

美味しそうでしょうw

グルメなさとやん7も大満足のご馳走です。

しかもご飯と味噌汁はセルフサービスでお代わり自由です。

味噌汁の具は最初の10人くらいで完全に無くなりますねw

駐車場・駐輪場

マツダ大原寮には駐車場と駐輪場がありますが全て社員様専用です。

期間工の利用は問答無用で利用不可となってます。

ただし自分で月極を借りて置く分には問題がありません。

というか、黙認してくれてるのが実情ですね。

自分も有料の民間駐輪場を利用してバイクを停めてました。

だから車を持ち込みたい人は自分で寮周辺の駐車場を契約しましょう。

相場はだいたい1万円前後です。

駐輪場は月額3100円でした。

周辺の環境

マツダ大原寮は住宅街なので隣接してるのはコンビニが1店だけです。

しかし少し足を伸ばせば大概の物は揃う環境ですね。

大雑把に言うと以下の通り。

 

ドラッグストア 自転車15分

 

スーパー 徒歩15分

 

病院 徒歩15分

 

八丁堀 バス30分

 

マツダスタジアム バス20分

 

広島駅 バス25分

 

向洋駅 徒歩15分

 

まあ正直、徒歩移動だと若干不便な環境です。

しかし小磯寮の前から繁華街へ向かうバスが電車の本数並に出てるので問題は無いでしょう。

ネット環境

マツダ大原寮では希望者は寮指定のプロバイダーを使えます。

料金は有線が3500円で無線が4000円。

申し込み用紙は1階の管理人室にあるのでそれに記入して郵送するだけ。

開通までは大体約1ヶ月くらいですね。

ただし、3ヶ月縛りの契約期間があるので仕事を続けられる自信が無い人は避けるのが無難。

ネットだけならソフトバンクエアーでも充分ですからね。

郵便や宅急便の受け取り

マツダ大原寮は1階に管理人がありまず。

そして宅急便や書き留めなどはここでまとめて受け取ってくれるんですよね。

だから寮生は後から管理人室に受け取りに行くだけ。

そのためネットショッピングも安心して注文が出来ますね。

ただし、持ち込み禁止の電化製品などは一発でバレますよ。

それで没収を食らった人もいるのでルールはちゃんと守りましょう。

なお、普通郵便は1階の集合ポストに投函されます。

寮内でのトラブル

マツダ大原寮では400人規模の人間が一つ屋根の下で暮らしてまず。

だから当然ながらその分だけトラブルも多いです。

過去には社員による殺人事件も世間を騒がせましたよね。

中でも特に多いのが盗難です。

部屋に鍵を掛けないまま出掛けた隙に侵入されるケースが目立ちます。

次に多いのが風呂場にスマホや財布を持ち込んで盗まれるパターン。

知り合いなどは風呂場でボディソープまで盗まれてましたわ。

まあ、そんな物くらい盗まずに自分で買えよなと言いたくなりますけどね。

しかし、こういう事が平気で起こってしまうのが期間工の寮。

後は鍵穴を潰されたりという陰湿な悪戯も有るみたいです。

自分も部屋の前にゴミをぶちまけられたり、ブレーカーを落とされたりしました。

(※犯人は隣の部屋のおっさん)

退職後も寮に残れるのか?

マツダ期間工は退職日から3日間は寮に残る事が可能です。

しかも交渉次第でかなり融通がきくみたいですね。

 

だから例え入社祝い金泥棒であっても・・

 

『今すぐ立ち去れ~い!』

 

などと言われることもありません。

実際に同僚の50代期間工は祝い金泥棒にも関わらず、

1週間ほど優雅に広島観光をしてから帰りましたw

給料システム

 基本日給

初回契約期間の基本日給は8000円と車体メーカーの中では最も低い水準です。

同業他社だと最初から1万円を超えるところもありますからね。

もしこれで常日勤の職場に配属されてしまったら悲惨w

 

なお、勤務期間別の金額は以下の通り。

勤務期間 金額
入社~半年 8020円
半年~1年 9130円
1年~2年 9690円
2年~フル満了 10250円
残業代と休出の計算方法

実はマツダ期間工の時給計算は日給÷8時間ではありません。

所定時間外労働の際には時間割賃金という数値を用います。

(※時間割賃金の金額は給料明細に記載

 

ちなみに時間割賃金の金額は以下の通り。

キャリア 金額
入社~半年 1215円
半年~1年 1261円
1年~2年 1329円
2年~フル満了 1404円

 

要はこれらに所定時間外労働の各倍率を掛けて時給を算出するわけですね。

 

・残業 1.3倍

・休出 1.4倍

 

すると残業代1時間あたりの金額は以下の通りになります。

キャリア 金額
入社~半年 1579円
半年~1年 1639円
1年~2年 1727円
2年~フル満了 1825円

 

また休日出勤1時間あたりの金額は下記の通り。

キャリア 金額
入社~半年 1701円
半年~1年 1765円
1年~2年 1860円
2年~フル満了 1965円
夜勤手当

夜勤は深夜割り増しと特定時間の2階層に分かれてます。

8時間労働の内訳で言えば以下の通り。

 

・深夜 5.6時間(1.5倍)

・特定時間 2.4時間(1.28倍)

 

しかし、これをわざわざ分けて計算してもあまり意味が無いですね。

だからここでは夜勤1回あたりの手当という形で紹介しておきます。

キャリア 金額
入社~半年 4258円
半年~1年 4420円
1年~2年 4658円
2年~フル満了 4921円
その他の手当て

マツダ期間工には下記のような手当もあります。

 

・皆勤手当 20000

 

・食事補助 15000

 

・更新手当 50000

 

まず皆勤手当ては平日の勤務に対してです。

休日出勤に関しては対象ではありません。

なお、入社月は出勤日数が半端なので初回給料は対象にならないでご注意を。

次に食事補助ですが最初の半年限定で毎月支給されます。

最初は日給も低いのでこの手当ての存在は非常にありがたいですね。

これも初回の給料は対象外です。

最後に更新手当ては満了日の次の給料で支給されます。

金額はキャリアに関係なくずっと50000円で固定。

フル満了まで働くと合計で250000円貰えることになりますね。

まあ慰労金が支給された次の給料で支給と覚えておくと分かり易いでしょう。

慰労金

マツダ期間工は契約更新の度に慰労金が支払われます。

要は半年に1度下記の金額が支給されるわけですね。

回数 金額
1回目 120000円
2回目 136500円
3、4回目 144750円
5、6回目 153750円

 

フル満了まで働けば6回分の総額は852000円となります。

ちなみに職長評価が良ければ最大で20%UP。

自分は1回目だけ20%UPでしたが残りは通常金額でした。

もし全て20%UPなら6回分の総額は1024200円となりますね。

ただし支給条件は契約期間中の出勤率100%。

だから有給休暇が無い状態で欠勤をやらかすとアウトです。

実際に自職場には慰労金が支給されなかった人間は何人かいました。

夏季・冬季特別手当

マツダ期間工は社員のボーナス支給日に寸志程度の手当が支給されます。

具体的に言うと7月と12月ですね。

金額は初回契約更新までは30000円。

ただし賞与扱いで所得税と社会保険料が掛かります。

だから手取りで貰えるのはたったの25000円ですけどね。

(※何気にこれにはガッカリする人が多いですw)

なお、それ以後は期間工も半強制的に組合員になるので金額はUP。

夏季・冬季の特別手当は上記の3万円に以下の計算式を加えた金額になります。

 

(12500+α×社員のボーナス月分

 

総額だと概ね65000~70000円程度ですね。

(※金額は組合の交渉で毎回微妙に変動)

入社祝い金

派遣会社の求人に掲載されてる入社祝い金。

自分の時は総額25万円でしたが今は業界トップクラスの45万円。

(※アウトソーシングは35万円)

ただし全額が派遣会社からの支給になるわけではありません。

15万円はマツダからの支給分です。

しかも派遣会社からの祝い金と違って賞与扱い。

そのため所得税や社会保険料もガッツリ引かれます。

 

またこちらは支給条件があって下記の2つを満たさないといけません。

 

・2回目の給料締め日までの在籍

 

・尚且つその期間の出勤率が100%

 

例えば1月1日に入社した人であれば権利獲得は3月10日。

1月11日に入社した人であれば4月10日ですね。

だから入社タイミングによっては結構時間が掛かります。

なお、派遣会社からの分は概ね1ヶ月以内に支給される模様。

こちらは賞与扱いでは無いので余計な控除もありません。

特に早いのがアウトソーシングと日総工産ですね。

赴任・帰任費用

マツダ期間工は赴任・帰任時の交通費に加えて荷物の送料が支給されます。

まあ交通費は何処の会社も出ますが荷物の送料まで出してくれるところは少ないですね。

しかもマツダの場合は上限額が結構高いので助かります。

自分の住む関西だと上限は18000円。

帰りも満了退職なら同額が支給されます。

(※入社式時に宅急便の領収書や送り状が必要)

だから最初に荷物を限度額まで送っておいて帰りは広島で不要分を捨てて帰ると少し儲かりますね。

不就業手当て

これは天災などで仕事が無くなった際に支給されます。

原則的には70%ですが2018年の大雨被害の時は100%支給でした。

まあ法的な解釈で言えば会社には支給の義務が無いので非常にありがたい制度です。

ちなみに大雨被害の時は自分の所属ラインだけかなり早く稼動を再開。

勤務は定時までだったので寮で寝てる人たちと給料は全く変わりません。

だからこの時ばかりは不公平感がありましたけどね。

2年半の総収入

下記がマツダ期間工の2年半で支給されたお給料の内訳です。

(※アウトソーシングからの入社祝い金は支給月の給料に合算)

 

【2016年】

 

4月 238186

 

5月 362362

 

6月 288811

 

7月 298548

 

8月 314011

 

9月 229863

 

10月 433703

 

11月 320779

 

12月 358530

 

支給額 2844793

 

控除 353362

 

手取り 2491431

 

【2017年】

 

1月 204510

 

2月 294089

 

3月 258352

 

4月 412061

 

5月 297252

 

6月 322555

 

7月 366405

 

8月 349994

 

9月 249310

 

10月 501706

 

11月 410466

 

12月 395606

 

支給額 4062306

 

控除 666973

 

手取り 3395333

 

【2018年】

 

1月 267568

 

2月 348119

 

3月 287772

 

4月 459596

 

5月 312667

 

6月 313286

 

7月 392221

 

8月 320126

 

9月 254543

 

10月 489794

 

支給額 3460742

 

控除 642938

 

手取り 2817804

 

在籍期間は契約更新2年半+α。

入社月の半端分があるので給料は31回分となってますね。

 

合計金額は以下の通り。

 

・支給額 10367841

 

・控除額 1663278

 

・手取り 8704563

 

まあ月単位に換算すると28万円ほどですね。

非正規としては破格の給料。

もし月々の生活費を10万円に抑えてたら余裕で500万円は貯金できてる計算です。

そりゃ期間工に1000万円オーバーの貯金を持つ人が多くて当然ですわ。

社会保険の金額に関して

実はマツダの社会保険料は入社からしばらくは非常に安いです。

これは入社から初回の改定までは標準報酬月額が16万円で計算されてるから。

(※標準報酬月額は給料明細に記載されてます)

しかも1年に1回の定時改定しか行われません。

そのため6月以降の入社であれば翌年の9月までずっと安いままという事になりますね。

手取りを少しでも増やしたい人にとっては非常にお得。

また標準報酬月額が安いまま退職すると任意継続の保険料も安く済みます。

だから失業給付生活を考えてる人はマツダでワンクッション挟んでからの方がお得。

ちなみに自分は3月入社なので同年の10月の給料から社会保険料が一気に倍増でした。

マツダに派遣社員はいるのか?

①流川のキャバクラ嬢からの証言

まず最初の理由ですが実は流川のホステスさんから聞いたんですよね。

たまたま案内所経由で行ったお店で着いてくれた子がそうでした。

彼女は昼はマツダで働いて夜は週4で働いてるそうです。

(※今も働いてるかどうかは不明)

でも残念ながら職場までは教えてくれませんでした。

まあ、当然と言えば当然ですが・・w

期間社員じゃないので慰労金などの各種手当は無いと言ってました。

しかも孫請けみたいなもんなので給料はかなり安いそうです。

②フル満了して去ったはずの同僚が・・

二つ目の理由としてはこれですね。

実はフル満了で去った同僚を1ヵ月後に社内バスで見掛けたんです。

その後も何度か通勤時間帯に西門行きのバスに乗ってるのを目撃。

しかしご存知のように期間工は半年空けないと戻れません。

だから期間工以外の何らかの形で戻ってきたのは間違いありませんよね。

また彼は夕方過ぎにマツダ本社前のバス停で何度か見掛けました。

乗り込んでたのは海田方面行きのバス。

でも夜勤の週には1回も見掛けてません。

ということは、おそらく昼勤のみで残業は無し。

(※見掛けた時間は全て17時過ぎ)

③派遣じゃなくて請負かも!?

前述の2つの理由からも期間工以外の働き方が存在するのは確かです。

でもそれは派遣社員ではなく請負の職場なのかも知れません。

そう考えると全ての合点がいきますよね。

 

・職場でそういう人を見掛けないこと

 

・マツダ関係の求人で見掛けないこと

 

・元同僚が17時過ぎに帰ってること

 

・給料が安いと言ってたこと

 

それらの点と点が線で繋がります。

おそらく派遣であれば期間工に準ずる作業や労働環境のはずです。

だから残業無しというのはありえません。

つまり敷地内の何処かに請負の職場があると考えるのが妥当。

④マツダは期間工が一番?

ちなみに前述の元同僚は1ヶ月ほどで姿を消しました。

おそらく給料が安いから辞めたのだと思われます。

なんといっても3年間期間工でやってきた男ですからね。

ましてや貯金0で去るほどの金遣いの荒さ。

そんな男に残業無し・夜勤無しの給料では我慢できなかったのでしょう。

いくら広島が好きだからと言っても給料が安くては意味がありませんからね。

月の手取りが20万円とかなら彼の大好きな同伴出勤もままなりません。

そう考えるとやはりマツダは期間工が一番。

マツダ期間工の寄り道

 

イオン宇品店

マツダ期間工にとってイオンと言えば府中のソレイユですが自分にとってはここ。

西門から出て徒歩5分で行けますからね。

弁当類も充実の品揃え。

ウオクニ弁当が嫌な人はここで買って行くと良いでしょう。

おすすめはガーリックチキン弁当です。

ただしフードコートは府中のイオンに比べるとかなりショボいですw

でもその分だけ人が少なくて落ち着きますね。

Dio宇品店

西門からは少し離れますが安さが魅力のスーパー。

営業時間も早朝から営業してるので非常に便利。

出勤前にここに立ち寄る人も多いですね。

とにかく弁当からジュースまで全てが安いです。

たこ焼きは100円という驚きの安さです。

弁当も290円から売ってます。

土日にここで日用品や食料をまとめ買いするのも良いでしょう。

半田屋宇品店

ここは自分が日勤の仕事前に朝食を食べてた定食屋です。

特にお奨めなのは牛タン丼と豚汁。

野菜不足の寮生にはお奨めのお店でしょう。

寮で600円の定食を食べるくらいならこっちに来るべきですね。

ただし、西門からは徒歩15分と少し離れてますが・・。

コメダ宇品店

全国で人気のコメダも宇品にあります。

夜勤明けの土曜日にここで飲むコーヒーは至福の一杯ですね。

個人的にはこの宇品店のパンの焼き加減が一番。

駐車場もかなり広いですよ。

ただし土日のモーニングの時間帯は一杯。

多少の待ち時間は覚悟しましょう。

ほの湯

西門から徒歩15分。

天然温泉です。

露天風呂に入れる入泉料は750円。

室内のみの利用は430円。

とくじゃ券を使えば少し安く入れます。

ここは定時退社日に行く人が多いですね。

特に夏場の仕事終わりは格別の気持ち良さ。

炭酸風呂がおすすめです。

パーラーハリウッド宇品

中国・四国地方で有名なチェーン店ですね。

ドンキホーテの裏側にあります。

宇品地区で最も繁盛してるパチンコ屋。

と言ってもこの地区にはここを含めて2店しかありませんがw

たまにメイン機種に設定6が入ってる事もあります。

基本的には8の付く日がイベント日で熱い模様。

広島競輪場

実はマツダの本社工場のすぐ近くには広島競輪場があります。

これは自分のような競輪好きには嬉しいところ。

まあ最近だと岡井千聖ちゃんと奈良の三谷竜生選手の不倫騒動がありましたよね。

何気に競輪は女子人気の高いギャンブルでもあります。

だからマツダの女子期間工でも競輪場に通う人は結構多いでしょう。

華々し

向洋駅から徒歩3分。

おばちゃんが1人でやってるお店です。

基本的には深夜0時頃まで営業してます。

だから電車で遊びに行った帰りに寄ると良いでしょう。

ただし昼食や夕食よりも飲んだ帰りに食べたくなる味ですね。

チャーシューは何気に美味しいです。

でもそれ以外のメニューは正直イマイチかな・・。

すずちゃん

向洋駅から徒歩5分。

個人経営の居酒屋です。

料金が意外にリーズナブルで味も良し。

ただし料理が出てくるのが異常に遅いw

そして常連客から強引にカラオケを歌わされます。

だから人見知りな人には向いてないかも・・。

てんやわんや

寮から徒歩15分。

ここは自分がイチオシの揚げ物がメインの定食屋です。

とにかくご飯がかなり美味しいんですよね。

しかもお代わりは無料です。

食後にはデザートも付いてくるという心配り。

一度、メロンが出たこともありました。

あとはコロッケもお薦め。

ハコジム

ここは広島市内では有名なパーソナルジム。

寮から徒歩10分のボロアパートの1室にあります。

ご覧のように室内にパワーラックが置いてあるだけ。

要は1人で黙々と筋トレをするスタイルですね。

そのため料金は月額3800円とリーズナブル。

1人1回1時間の貸切制です。

24時間利用可能なので夜勤明けも使えて便利。

てっちゃん(青崎店)

寮から徒歩10分。

2号線沿いにあります。

揚げたてのてんぷらの専門店。

料金は非常にリーズナブル。

食事時になると待ち時間も発生する人気店。

駐車場もありですが寮からだと歩いて行った方が無難。

何気に2号線は混んでるので・・。

常連になれば海老天をサービスしてくれますよw

ピュアークック

寮から徒歩10分。

徒歩圏内で行ける唯一のスーパーです。

小規模ですが品揃えはそこそこ。

営業時間も21:00までなのがありがたいですね。

ただし寮の裏の急坂を上らないといけないので徒歩だとなかなか大変。

マツダ期間工生活の総括

マツダは初心者向け

マツダは間違いなく期間工の初心者向けだと思います。

これは実際に未経験者の自分が2年半も生き残れたという事実からも明らかですよね。

もし最初から世界のトヨタに行ってたら泣いて逃げ出してたことでしょう。

 

なお、初心者向けの理由としては下記の事柄が挙げられると思います。

 

・年次有給休暇が早い段階で付与される

 

・寮の生活環境が快適

 

・同業他社と比べて雰囲気が緩い

 

・適度に都会

 

・ダメな人にもある程度は寛容

 

・入社祝い金が高額で支給も早いので手持ちが無くても安心

 

特に最初の方で有給休暇が10日分も付与されるというのは大きいですよね。

これを上手く活用すれば例えハズレ職場でも半年くらいなら余裕でしょう。

それに期間工って赴任から最初のまともな給料までが結構長いですからね。

貯金が無い人だとかなり大変でしょう。

でもマツダ期間工ならその辺は安心。

アウトソーシングや日総だと1ヶ月以内に30万円が振り込まれますからね。

寮の食事も喫食カードを使えば後払いで食べる事が出来ます。

そう考えると期間工初心者はいきなりトヨタに行くよりはまずはマツダに行くべきですよね。

ここで期間工としての礎を築いてから本丸を攻めましょう。

半年以上続けると損なのか?

これはマツダ期間工の間で都市伝説のように語られる説ですね。

未だに期間工ブロガーでもそのような事を言い出す人は多いです。

まあ理由としては半年を過ぎると食事補助が無くなることと慰労金の安さでしょう。

でも前述の2017年の年収を見て下さい。

普通に400万円を超えてますよね。

おそらく次の年も年間を通して働いてたら400万円を下回ることはなかったでしょう。

これは同業他社と比べても何ら遜色はありませんよね。

しかも自分の所属してた部署はマツダ全体で見ても残業や休出が少ない部類。

だから慰労金が安いから年収が低いなんてことはありません。

つまり続けると損なんて事はないわけです。

皆さん、単に数字のマジックとインチキブロガーの戯言に騙されてるだけですね。

マツダでの2年半は期間工生活の土台作り

パワハラ、怪我、ストレス。

振り返ってみれば辛い事も多かった2年半のマツダ期間工生活でしたね。

しかし、これからの期間工生活を考えれば非常に良い経験になったと思います。

色んなトラブルがあったからこそ解決方法や予防策も学べましたからね。

だからそれらのしんどい思いも今後の期間工生活を楽にするための修行期間。

実際にフォークリフトの実務経験を積めた事は非常に大きかったですからね。

おそらく今後は会社選びさえ間違えなければ8割くらいの確率でフォークリフトの配属になるでしょう。

つまり期間工としてはほぼ安泰。

50歳を超えても余裕で働き続けることが出来るでしょう。

そう考えると右肘を痛めて戦線離脱した事が大きなターニングポイントになりましたよね。

もしあれが無ければフォークリフトに乗ることも無かったのでしょう。

まさにピンチがチャンスに変わった瞬間。

そして英断を下してくれた職長には感謝の一言に尽きます。

だから恩返しの意味でもまたいつかマツダに戻って来たいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。