期間工は辞めた後の失業保険(失業給付)が美味しい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間工の待遇が素晴らしいのは過去の記事でも説明した通り。

しかし実は期間工は辞めた後も美味しいって知ってましたか?

それは失業保険(失業給付)の存在です。

 

ご存知のように失業給付とは仕事を辞めた後にハローワークで受けられる給付金のこと。

(※雇用保険に12ヶ月以上の加入はs必要)

でも普通の仕事だと給付金が貰えるまでに色々と面倒くさい手順を踏まないといけませんよね。

特に辛いのが手続き開始から受給まで3ヶ月も待たないといけないことです。

これが原因で受給を諦める人も結構多いでしょう。

しかし期間工が素晴らしいのは契約期間満了での退職であれば

たった7日間の待機制限だけで給付金が貰えてしまうんです。

これは契約社員だけに許された特権。

おまけに給付金の額は過去半年間の給料の平均で算出されるので、

90日給付だと概ね50万円程度の給付金を受給できます。

月単位に換算するとその辺のアルバイトの月給よりも高額ですよね。

 

 

このように期間工は失業給付との相性は抜群。

そのため期間工には1年働いたら3ヶ月は失業給付で過ごすという人も多数存在します。

実際に自分も失業中はお世話になりましたが、

やはり給付金の額が多いので失業中にも関わらず悲壮感がありませんよね。

過去の失業中とは全然違います。

まるでお小遣いを貰ってリフレッシュ休暇を取ってるような感覚ですわw

だから期間工をやるなら必ず1年以上は働いてちゃんと満了退職で辞めるべきですね。

そうすればその後は悠々自適な失業給付生活が待ってるでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。