期間工ブログでかげぽんちゃんや期間工の道のように年収1億円を稼ぐのは可能か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ネオヒルズ族の友人からまた皆で集まりましょうと言われて、

それはちょっとした罰ゲームだなと思ってしまったさとやん7です・・(^^;)

 

ちなみに彼は情報交換は大事だと言ってましたが、

それって秒速で1億円を稼ぐ方法を教えてもらう代わりに、

わたくしはスバルやマツダの入社祝い金でも教えたら良いのでしょうかねえw

(≧∇≦)ノ彡バンバン

 

 

まあ、さすがにこれは極端な例だとしても、

実は期間工ブログってターゲットとなる層が物凄く限られてくるジャンルですよね。

だから期間工同士の共感は得やすくても異業種の人にはかなり理解しがたい世界。

そもそも製造業自体が好き嫌いがハッキリ分かれてしまう業種ですからねえ・・。

おそらく貧乏に喘ぐフルキャスト時代の知り合いでもそう簡単には興味を示さないでしょう。

ましてやパチプロ時代の知り合いであれば尚更。

 

こういう美女の画像でも載せないとダメですねw

 

そして今回のテーマはそんな期間工ブログを運営していく上での難しさ。

これだけブログがたくさんあれば自分と同じように壁にぶち当たってる人も多いでしょうからね。

まあ、冒頭でも書いたように情報交換というのは非常に大事。

だから今回の記事を読んだ上でのご意見・ご感想などもいただけたら幸いです。

 

ちなみに記事の要点はこんな感じですね。

 

・なぜ期間工ブログはつまらないのか?

・このジャンルに未来はあるのか?

・期間工ブロガーが参考にしたいブログ

・稼げるブログとそうでないブログの違い

・収入の公表ってどうなの?

 

 

なお今回の目次は下記のような感じです。

 

上に戻りたい時は右下の矢印ボタンを押せばOK

←こんな感じのボタン

 

では、早速いってみましょう。

期間工のブログに関しての考察

期間工ブログが面白くない理由

普段の生活が地味

実は期間工ブログって数あるブログの中でも特に面白くないジャンルだと思います。

(※運営者の自分が言ってしまっては身も蓋もありませんが・・w)

まずその理由としては多くの人が貯金や借金返済などを目的としてるので、

どうしても生活が地味になってしまいがちなことが挙げられるでしょう。

しかも節約ありきの貯金方法になってしまってるだけに尚更ですよね。

毎日1000円くらいで生活して月に10万とか15万円くらい貯金するような感じですから・・。

そんな生活の中から面白いネタが生まれるかと言えばまず無理でしょう。

仕事も毎日単純作業の繰り返しですからね。

結果的に幾ら貯金しましたとか、今月は幾ら貰いましたという報告が中心。

まあ確かに3年掛けて500万円貯めれる人というのは素直に凄いと思いますけど、

その話に需要があるかと言えば全くありませんからねえ。

そんなもんは日曜の深夜にテレビでやってる暗いドキュメンタリー番組と同じ。

かと言って雑記が中心になるとそれはもう期間工ブログではなくなります・・。

だから大半のブログがすぐに更新が停まってしまいますよね。

生活の安定

期間工ブログが面白く無くなってしまう二つ目の理由としては

下手に生活が安定して守りに入ってしまうことが挙げられると思います。

年収400万円って派手な生活は出来ないけど別に貧乏でもないですからね。

だから幸せでも無ければ不幸でも無いという中途半端な状態。

実際に今の自分は近鉄電車を見ても飛び込みたいという衝動に駆られませんw

もう昔みたいにトシオ(父親)と一緒に家の権利書を持って銀行を回ったり、

ニッカポッカで横綱ラーメンを片手に六本木ヒルズに泊まりに行くなんていう事も無いでしょう。

今はただひたすら平和に時間だけが過ぎていく感じ。

そして振り返れば幾ばくかの貯金と虚しさだけが残ってるという・・。

言わばそれが年収400万円というぬるま湯の生活。

そういう状況下では自然とハングリー精神も失われていきます。

つまり我々は期間工として工場の中で日々モノを造ってますが、

期間工という働き方は良くも悪くもつまらない人間を造り出してしまうのです。

身バレのリスク

最後の理由としては身バレを理由に書けることが制限されてしまうことでしょう。

まあ実際に会社の方もブログやツイッターの存在は概ね把握してるみたいですからね。

その昔に期間工の道がマツダでやらかした時に職長が言ってましたが、

苦情が入った分に関しては会社としても動かざるおえないそうです。

要は何も無ければ黙認するけど調子に乗ったら許さんぞという意味ですね。

そしてあまりにも度が過ぎると勝ち組期間工のサイトみたいに

半永久的にコンプライアンス教育で晒し上げられるという悲惨な事に・・(^^;)

だからそういうリスクを考えると当たり障りの無いことしか書けませんよね。

その結果として期間工飯などというウンコ企画が生まれてしまうわけです。

言わば規制に苦しむ5号機や6号機のパチスロ事情みたいなもんですわ。

 

稼げるブログとそうでないブログの違い

神経の図太さ

ここからは話題が変わって稼げるブログとそうでないブログの違いについての考察。

まあこれはお金のためにどこまで割り切れるかでしょうね。

先ほども書いたように儲けるにはクオリティの低い記事を大量生産するのが一番。

でも普通の人にそれは凄く抵抗のあることだと思います。

例えば以前にかげぽんちゃんが正社員登用試験の合格率について書いた時の記事。

『合格率は3%、試験は年に2回受けれるそうです』

『なるほど。つまり合格率は6%ということですね。』

 

ある意味ではこれが一つの踏み絵。

おそらくこの状態で記事をUP出来る人は期間工ブログで勝ち組になれる人でしょう。

見る人が見れば顔から火が出るほどに恥ずかしい珍発言ですが、

別にこのまま修正しなくても特に問題は無いレベル。

だからこれを恥ずかしく感じてしまう人はブログでのお金儲けに向いてません。

細かいことを気にしてたら記事の大量生産は出来ませんからね。

自分などはこういう所をスルー出来ないので記事の作成に無駄に時間が掛かってしまいます。

そういう意味ではかげぽんブログとか期間工の道は一切のブレが無いので強いですわ。

まるでライン作業の如くクオリティの低い記事を黙々と生産していきますからねえ・・。

おそらくMAZDAをMATHUDAと書いても修正せずに強行突破でいくことでしょう。

あの神経の図太さというのは並のブロガーには真似できません。

大事なのは期間工の道ではなく人の道

最近の期間工ブログを見ると9割がアドセンス広告を貼り付けてますよね。

これは間違いなくかげぽんブログの影響でしょう。

でもだからと言って皆が期間工の道とか、かげぽんブログのように

『お金・お金・お金・お金・お金』

『お金・お金・お金・お金・お金』

『お金・お金・お金・お金・お金』

『お金大好き~!』

 

というスタンスでやってるかと言えば決してそういうわけでもないんですよね。

どちらかと言えば大半の人たちが一歩引いた立ち位置で、

私は彼らとは違いますよみたいな感じの発言をしておられます。

 

まあ、これに関しては正直どっちが良くてどっちが悪いとも言えませんよね。

要は倫理に重きを置くのか実利に重きを置くのかの違い。

お金が欲しいなら期間工の道やかげぽんブログのように

徹底してクオリティの低い記事を大量産していけば良いでしょう。

そしてASPも儲かりそうなものは何でも紹介してしまうというスタンス。

そこまでやれば年収1億円はもう目前です。

 

 

でもそれは同時に期間工の道ならぬ人の道に外れる行為でもありますからねえ。

だから抵抗を感じる人も多いことでしょう。

そこが期間工ブログ運営における一つの壁。

 

しかし下記のような記事もありましたが特に収益に影響は出てないみたいですよ。

期間工ブログのかげぽんさんがお薦めの副業はどうやら詐欺みたいよ

 

つまりやったもの勝ちというのが期間工ブログの世界。

だからお金を儲けたいなら欲望に忠実になった方が良いかも知れませんね。

収入を公表するのは有りか無しか?

自分が期間工ブログで一番不思議なのは収益を言いたがる人があまりにも多いこと。

これって何か得することがあるのでしょうか?

まあ、情報商材ビジネスとかならまだ分かるんですよ。

あれは如何に自分をブランディングできるかが勝負ですからね。

でも期間工のブログで収入を公表して何の得!?

しかも単価に見合った情報やサービスを提供してるのならまだしも、

大半のサイトはパクリ記事とか粗悪な情報を元に稼いだ収益ですからねえ。

それを自慢するというのは詐欺師集団が飲み屋でお姉ちゃん相手に

お酒を飲みながら犯罪行為の自慢してるのと変わらないレベル。

正直、これはどうかと思いますよねえ・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。