期間工生活が辛くなった時や株で損した時に心に染みる本田総一郎の名言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

『夢ならばどれだけ良かったでしょう』という、

Lemonの歌詞が朝から心に染みるさとやん7です。

 

 

まあ今頃は熊本飛燕隊とかマミー石田とかサントスが、

ホンダの株価を見ながらニヤニヤしてるかと思うと、

全力のグーパンチでぶん殴ってやりたくなりますよねえw

 

 

さて、そんな悪夢のような月曜日の始まりですが、

この度のコロナ騒動で早くも心が折れそうになってる人も多いことでしょう。

 

さとやん7のように株で損するだけならまだしも、

失業の危機に直面してる人も多いそうですからね。

 

そんな時に心に染みる名言がこちら。

 

 

こういうのを見るとホンダに入社したのは間違いではなかったと思いますよね。

ほんと、本田総一郎というのは偉大な人物ですわ。

 

そういう人の精神が今も生きてる会社で働けるというのは実に幸せなこと。

 

まあ熊本飛燕隊さんのように根っこの部分から腐ってしまったら花も咲きませんが、

少しでも頑張ろうという気持ちが残ってる人にとっては心が奮い立つCMでしょう。

 

だからさとやん7も今日の寄りから株価が大きく下がったのを見て、

 

『最高の買い場や~!』

 

と声高に叫んで新たにホンダの株を現物で100株を購入しましたわ。

 

今後の値動き次第ではまだまだ買い増していきまっせ~。

ワテの心はまだまだ死んでません。

 

取り合えずこれでホンダ株への総投資金額は200万円を超えましたね。

おそらく自職場の中年期間工の全員の貯金を足した額よりも多いでしょうw

 

確か年明けに公開したメインバンクの預金残高が240万円でしたから、

早くもホンダ株だけでその大半を使い切ってしまった計算になりますね。

 

だから手持ちの現金に関してはもはや彼らと同じレベル。

そう考えると急に不安になってきますわw

 

 

まあ株や投資信託には3年掛けて500万円の投資と考えてただけに

さすがにこれはちょっとオーバーペースかも知れませんね。

 

得てして不幸というのはお金が無い時に限って襲ってくるもんですから、

あまりにも手持ちの現金が少ないとそれはそれで問題。

 

だからその辺は上手いこと調整しながらやっていこうと思います。

 

ちなみに多くの個人投資家はここが最後の逃げ場だと考えてるみたいですが、

さとやん7の辞書には逃げるなどという言葉は存在しません。

 

上がったら笑う。

下がったら買う。

 

それ以外の選択肢など存在しませんね。

 

今さら売り方に回れるほど器用な人間じゃないので、

どこまでも愚直に現物買い一本で勝負していこうと思いますわ。

 

 

まあでも不思議と恐怖や絶望感みたいなものはありませんよね。

 

それは別に変な強がりとか自己啓発ではなくて覚悟が決まったからでしょう。

人間というのは腹さえ括ってしまえば大概の事は何とかなるもんですわ。

 

今まではお金を失う事に対して怯えてましたが、

一旦無くなってしまえば何てことはないですね。

 

むしろ逆にスッキリしたような感じです。

そのせいかどことなく表情も柔らかくなった気がしますわ。

 

今ならきっと童貞も捨てられることでしょう・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。