ホンダ鈴鹿の期間工が住む住吉寮は一定の条件さえ揃えば“住み良し”だと思う理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

最近は休憩室で過ごすのが苦痛になってきたさとやん7です。

まあ別にぼっち自体は苦じゃないし、むしろ気楽なんですけどね。

でもさすがに自分がポツンと椅子に座って孤独に過ごしてる真横の席で、

若手社員や女子期間工のリア充トークや笑い声が大音量で聞こえてくるというのは・・w

なんかこの場にいてはいけないようなそんな気持ちにさせられます。

皆が休憩室に近寄らない理由が良く分かりましたわ。

 

 

さて、そんな居心地の悪い職場の休憩室ですが、

居心地の悪さと言えばホンダ鈴鹿の期間工が住む住吉寮も有名ですよね。

まあ期間工ブログ業界の抱かれたくない男№1が熊本飛燕隊・かげぽん・期間工の道なら、

ホンダ鈴鹿の期間工が最も住みたくない寮と言えば真っ先に名前が挙がるのがこの住吉寮でしょう。

では何故にここまで評判が悪いのか?

それはズバリ、珍獣の多さに尽きると思います。

まあ確かにマツダにもスバルにも変な人たちは少なからずいましたが、

そんなものは住吉寮の住人の比ではありませんよね。

ここにはレベル99の珍獣モンスターがウヨウヨといますから・・。

ポケモンマニアなら狂喜乱舞する程のレアなリアルモンスターたち。

むしろここには意図的に珍獣だけを集めた感すらあります。

というか、絶対にそうw

おそらく女性期間工や地域住民の安全を守るためには

危険分子は一箇所に集めた方が管理しやすいという考えからでしょう。

そういう意味では大阪の西成やスラム街よりも危険かも知れませんわ。

実際に盗難・悪戯・傷害などは頻繁に発生してるみたいですからね。

 

 

しかしモンスターが例え何万人いようとも生活の全てで関わるわけではありません。

食堂とかコンビニとか風呂などは時間をズラせばそれほど不快な思いはしませんからね。

実際に自分もマツダ時代の大嫌いなおっさんと遭遇しないように気を付けてます。

(※まあ、それでも最近はニアミスしまくりですが・・)

あのマミー石田をも凌駕するレベル99のモンスターも関わらなければ動物園の珍獣と同じ。

つまり無害というわけです。

だから一定の条件さえ満たせば住吉寮でも案外快適に暮らせるのではないかと思うんですよね。

その条件とは何かと言うとまずはベニヤ側の隣人がまともであること。

これは住吉寮が”住み良し”であるための絶対条件でしょう。

住吉寮はご覧の通りに部屋の片側はベニヤだけで仕切られます。

(※反対側の壁はコンクリート)

そのため住人の生活音や独り言やアノ声まで丸聞こえ。

それこそネットカフェの仕切りと変わらないレベルですわ。

自分は過去に博多のネットカフェで1ヶ月ほど暮らした事がありますが、

最後の方は完全に精神が参ってしまったという苦い思い出が・・。

そのくらいに隣人の生活音というのはストレスなんですよね。

よって、ベニヤ側の住人が非常識な人間ならかなりしんどい生活になるだろうし、

逆にここがまともなら平日の安眠と休日の安息は確保されたも同然。

 

 

二つ目の条件としては部屋が1階or2階のなるべく奥の方であること。

実は住吉寮はスバルの東長岡寮や大泉寮と同じでエレベーターがありません。

また防音に関しても外の足音や話し声が丸聞こえな状態。

そして風呂が1階で食堂と洗濯場は2階。

つまり1階or2階のなるべく奥の方というのがベストポジションになってくるんですよね。

逆に部屋が手前側であったり、3階や4階ならかなりの不自由を強いられるでしょう。

特に一番手前の部屋なんかはトイレやゴミ箱も近いだけに最悪だと思いますわ。

1勤と2勤の人間が入れ替わり立ち代わり部屋の前をウロウロするわけですからね。

しかもここは夜中に奇声を上げる人間も多いので・・。

 

 

まあ結局のところ住吉寮は住人の質があまりにも酷いから嫌がられてるだけで、

その部分を抜きにして考えたら案外快適な環境かも知れません。

 

・工場まで徒歩15分

 

・コンビニまで徒歩5分

 

・イオンモールまで徒歩25分

 

・自転車やバイクは持ち込みOK

 

・食堂は昼が250円と非常にリーズナブル

 

・電子レンジ・お湯・製氷機も利用可能

 

・洗濯機は利用無料

 

・トイレは3分の1がウォシュレット

 

・近隣にはジムもパチンコ屋も夜遊びスポットも商業施設も多数

 

まあ建物はジュネポワールやエスポワールの方が圧倒的に綺麗ですが、

立地だけ見れば住吉寮の方が恵まれてますからね。

それにテレビや冷蔵庫が無い生活も2週間もすれば慣れてきます。

おそらくノートパソコンが1台あればそれで充分でしょう。

実際に自分の住む部屋は前述の2条件を満たしてるので、

スバルの東長岡寮の時よりも遥かに快適に過ごせてますわ。

 

 

それに何と言っても住吉寮の最大のメリットは現物課税の額が安いこと。

実はこれは寮の当たり・ハズレを判断する上で非常に大事な要素です。

まあ、かげぽんブログとか期間工の道のようにクオリティの低い期間工ブログだと、

どこかで適当に拾ってきた寮の画像を載せるだけなのでこの部分には一切触れませんけどね。

ちなみに現物課税というのは簡単に言えば

家賃や食費が実質的に無料であってもその分だけ給料の総支給額は増えますよって意味。

これは給料明細を見てもらうと分かりやすいでしょう。

同じ金額が支給と控除の欄にそれぞれ記載されてますよね。

つまりその分だけ税金や社会保険料の額に影響してくるわけです。

そして住吉寮の場合はこの現物課税の額が月額6千円ほど。

それに対してジュネポワール寮だと2万円台にまで跳ね上がります。

確かエスポワールでも15000円くらい。

レオパレスやビジネスホテルだと5万円近くまでいくかも知れませんね。

まあ、年間の所得が50万円違えば住民税や社会保険料の額も大きく違ってくるので、

レオパレスに住めたからと言って決して勝ち組期間工というわけではないのです。

ましてやレオパレスだと通勤も大変ですからね。

そう考えるとやはり住吉寮は住人さえまともなら住み良しな寮ということになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。