期間工の道ホンダ鈴鹿編・組み立て職場の期間工は満身創痍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

日本橋で熟女にチンコの形が良いと褒められれたさとやん7です。

どうやら1000人に1人のレベルらしいですよw

(≧∇≦)ノ彡バンバン

 

 

さて、そんな福耳ならぬ福チンの持ち主であるさとやん7ですが、

気が付けばホンダ鈴鹿の期間工になってから早くも2週間が経過しましたね。

思えばここに来た当初は1日10時間近くもスマホから隔離される生活とか、

テレビ・冷蔵庫という生活必需品すらも無いような監獄生活に戸惑ったもんですが、

今ではそういう情報弱者の生活にも徐々に慣れてきてきましたわ。

まあでも仕事中にスマホが使えないと同僚との会話も自然と増えるので、

ある意味ではこれが本来あるべき姿なのかも知れませんけどね。

冷静に考えたら皆が休憩中に無言でスマホを見てる方が異様な光景。

今はツイッターもラインも止めてるだけに尚更そう思いますわ。

おそらく今まではスマホやSNSの依存症だったのでしょう。

 

 

しかしそういう生活面での順応とは対照的に体は日に日に悲鳴をあげてきてますわ。

やはり丸1日通しての作業となると今までの作業訓練とは全くの別物です。

おかげで終わった頃には立ってるのもやっとなくらいに全身がバキバキ。

人差し指、親指、手首、背中、腰、首、足の裏の痛み。

握力の低下・眼精疲労・汗疹・股ずれ。

後は地味に辛いのが痔の痛みですね。

確か有名期間工ブロガーのきろくががりさんもこれが原因でマツダを半年で去ってるだけに

このまま痔の痛みが悪化していくようだと手術も考えないといけないでしょう。

とにかく今は疲労困憊というよりは満身創痍という言葉がピッタリ。

組み立てとはこんなにも辛い作業だったのかというのを痛感してるところです。

もはや今の自分を支えてるのは男の意地と根性だけ。

それが無くなった瞬間に病院送りでしょう。

 

 

これでは仕事終わりにスロットのハイエナや筋トレなんてのはとてもじゃないけど無理ですね。

それこそ食堂でお茶を飲もうとしても握力が弱り過ぎてて思わず湯飲みを落としてしまうほど。

おまけに首と手の痛みと眼精疲労でパソコンに向かうことすらも困難です。

そう考えるとブログの更新は2勤の仕事前や土日だけになってしまいますね。

だから当面は副業に関してはかなりの軌道修正が必要でしょう。

 

 

ちなみにこういう状態になると無理して続けるよりは

さっさと辞めて転職した方が合理的と考える人も多いと思います。

実際にこのまま続けると間違いなく体がぶっ壊れるでしょうからね。

そのくらいに組み立てというのは四十路の老体にはハードな作業。

ましてやこの歳までインパクトなんか握ったことすら無いわけですから・・。

でも同じ職場で働く55歳のおじさんを見てるとそんなのは全て甘えだと思えてきますね。

毎日、テーピングだらけの痛々しい手で握力は15kgしかなく、

休憩時間の度に痛み止めのジェルを塗るという痛々しい姿。

おまけに入社から10ヶ月経った今も習熟が独り立ちレベルにまで到達せずに、

社員が1日中後ろに張り付いて作業の監視やフォローをしてるという状態。

しかしこういう状態でも決して辞めないし、辞めさせない。

まさにこれぞホンダイズムでしょうね。

これを見てしまうと嘗て熊本飛燕隊さんが提唱した

逃げるが勝ちという理論が物凄く薄っぺらく聞こえてしまいますわ。

むしろ合理的という言葉を使うことすらも躊躇います。

まあ、実際にこういう状況でも続けてる人が身近にいるわけなんで、

ちょっとした体の痛みくらいで弱気になってたらダメですよね。

心さえ折れなければ仕事は続けていけることが証明されてるので、

体がぶっ壊れてどうこうというのは気にする必要はないでしょう。

だから引き続きホンダ鈴鹿で期間工として頑張っていこうと思います。

 

 

それと週末は地元に戻って色々と用事を済ませてきました。

やっぱり直線距離で100km程度だと気軽に帰れるので楽ですよね。

1勤終わりの金曜日に帰って月曜日の朝までゆっくり地元で過ごせます。

だからわざわざ三重で食事や美容室を新規開拓する必要は無し。

また何か忘れ物や手続きがあってもすぐに取りに戻れます。

これがマツダやスバルの時とは大きく違う点。

なお、日曜日は大阪の日本橋に逝ってきました。

場所はご想像にお任せしますw

では、ごきげんよう・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。