雑記

期間工が競馬や投資で簡単に勝つ方法を一生懸命に考えてみて辿り着いた結論

こんにちは。

今年に入ってからFXもギャンブルもご無沙汰のさとやん7です。

 

 

ただし、どれも完全に足を洗ったわけではありません。

あくまでも勝負の時を待ってるだけのこと。

 

 

さて、そんなわけで今回は期間工が大好きな投資やギャンブルで勝つ方法の検証です。

 

皆さんの職場にもギャンブル好きの人は多いのではないでしょうか?

 

中でも人気なのはやはり競馬とパチンコ・スロットですよね。

自職場だと1勤週は毎日仕事帰りにパチンコ屋に行くという人も多いです。

 

まあ、世間ではそれをギャンブル好きではなく依存症と呼ぶのですが・・w

 

 

投資だとFXなんかも人気ですよね。

 

ただし、ほとんどの人が年間の収支はマイナスだと思われます。

 

そしてそういう人たちの行動を見てると毎週のように馬券を買ってるし、

パチンコ屋へも昼や夕方からフラっと行って空き台に座るだけ。

 

そりゃ勝てないだろうって話ですわ。

世の中はそんなに甘くはありません。

 

 

まあ、正社員の場合は別にそれでも良いでしょう。

何と言っても東証一部上場企業の正社員様ですからね。

 

ホンダだと50代の平社員でも年収は600万円ほどあるみたいですし、

定年退職した後も悠々自適の老後が待ってるわけですから、

我々期間工とは事情が全く違います。

 

だから期間工は投機ではなく投資で確実に利益を上げないといけません。

 

そうしないと悲惨な老後を迎える事になるでしょう・・。

 

 

でも実は競馬やFXやスロットで勝つのって意外に簡単なんですよね。

専門的な知識などは一切必要ありません。

 

例えば競馬だとその年の年度代表馬になりそうなくらいに強い馬の単勝を

秋のG1の中で最も勝率の高そうなレースで買うだけです。

 

具体的なレース名を挙げれば秋の天皇賞かジャパンカップですね。

有馬記念などはどうしても中山競馬場の特性ゆえに紛れが生じ易いです。

 

実際に昨年もアーモンドアイが惨敗しましたから・・。

 

まあ、この方法だと配当は1倍台だと思われますが、

例え1.1倍でも100万円賭ければ10万円の儲け。

 

実際には秋のG1でそこまで配当が下がるのは稀なので、

おそらく1.5倍くらいは付くのではないでしょうか。

 

そうなれば50万円のプラス収支で1年を終えられます。

 

 

まあ1レースで100万円ってかなり勇気のいることですが、

実際問題として1年間馬券を買い続けてるような人たちって、

年間100万円くらい負ける人はザラにいますからね。

 

だから毎週のようにタイムだとか血統だとかを一生懸命に調べて、

勝った・負けたと一喜一憂しながら結局は100万円負ける事を考えれば

こっちの方が遥かに簡単で確実な方法だと思いませんか?

 

これなら余計な手間も知識も新聞も必要ありませんからね。

 

1回で負けようが100回で負けようが失うお金は同じ。

 

要はそれに気付けて実行できるかどうかの違いだけなんですよ。

 

 

 

 

FXに関しても理屈は同じですよね。

 

一生懸命に日経新聞を読んでも儲けの答えは隠されてません。

あんなものは便所の紙にもなりませんわ。

 

だから地政学的リスクで相場が大きく動いた時にリバウンドを狙うだけで充分。

経験上、これが一番手堅いでしょう。

 

まあ、今回のコロナウイルスの一件がまさにそれだったのですが、

ちょっと慎重になり過ぎてせっかくの機会を逃してしまいましたね。

 

 

 

 

あとはスロットも年1規模の大きいイベントだけ参加して、

メイン機種を狙うという戦略がベストでしょう。

 

仕事が休みの日だけ打ちに行ったところでハイエナ以外で勝つのは困難だし、

月イチ程度のイベントでもどうしても6をツモれる確率は下がってしまいます。

 

まあ、これは何事においてもそうですが勝負どころというのは必ず訪れますからね。

 

だからそれ以外の時には敢えて動かずに力を蓄えておくのがベスト。

実際にさとやん7も今はFXも競馬も参加せずにひたすら見てるだけです。

 

何度も言うように投資やギャンブルで勝つには特別な知識など必要ありません。

 

大事なのは勝ち目の薄い勝負には一切手を出さずに、

勝負どころで大きく張るというメリハリだけ。

 

それが出来れば勝ち組への道は約束されたも同然でしょう。

 

逆に熊本飛燕隊さんのように毎週小便馬券ばかり買っていては

勝ち組などというものは一生夢のまた夢でございます・・。

 

N-WGNの作業中に期間工が同一労働同一賃金についてふと思ったこと

こんにちは。

この前、寮の近くのファミリーマートで中国人と思しき4人組みの親子が、

店内の通路で歩きながらカップラーメンを食べてるのを見て驚いたさとやん7です。

(※該当店舗にはイートインスペースは無し)

 

まあコロナウイルスの件も含めて何かと問題のあるお国柄ですねえ・・。

 

 

さて、そんなお隣の国の事情は一旦置いといて、

いよいよ2020年4月から我が国で施行される同一労働同一賃金。

これを心待ちにしてる非正規労働者は多いのではないでしょうか?

(※中小企業は2021年から)

 

まあ期間工の場合は有期雇用だけにあまり多くは期待できませんが、

それでも何かしらの恩恵はあるのではないかと思います。

 

働き方改革は第4次安倍内閣の目玉とも言える政策だけに

日本の製造業の中心である自動車会社が知らん顔は出来ないはずですからね。

 

 

ましてや中小企業の場合は1年遅れでスタートするわけですから、

大企業が何のアクションも起こさないというのはマズイでしょう。

 

だからまずは世界のトヨタから何かしらの動きは見せると思います。

そして他の自動車会社はそれに追従する形になるはず。

 

まあ落とし所としては社員のボーナス支給月に

期間工にも寸志程度の手当を支給とかではないでしょうかねえ。

いわゆるマツダ期間工の方式。

 

ただし、期間工の場合はまずは最長契約期間の延長をするところから始めてくれないとね。

そうじゃないと同一労働・同一賃金と言ってもたかが知れてます。

やはりこういうのは職務内容だけじゃなくキャリア的な部分も関係してくるはずですから・・。

 

現行のように3年→無期の流れだとどうしても脱法が横行してしまうので、

敢えて無期という部分は撤廃して最長10年とかにして欲しいもんですわ。

そうすれば同一労働・同一賃金にも幅が出てくることでしょう。

 

 

ちなみに同一労働・同一賃金で非正規労働者の給料が底上げされた場合は

今まで以上に年配や女性に対する採用は厳しくなるだろうし、

契約更新にも影響を与える可能性も否定できませんよね。

 

それに自動車工場の中には給料泥棒のような期間工がたくさんいますから、

もし仮に職務内容に応じた賃金が見直されるようになれば

当然ながら車体の組み立てと窓際部署では大きな開きが出てくるはず。

 

つまり同一労働・同一賃金で正社員と非正規労働者の格差が解消されても、

非正規の中での格差が生じてくるのかも知れませんわ。

 

 

そもそもこれだけ工程や部署による当たり外れが大きいのに

今まで給料が全員同じだった事の方がおかしいんですけどね。

 

例えば我が職場の50代の男性期間工。

彼はあまりのダメっぷりに最初の配属先からは三行半を突き付けられたのですが、

中でもN-WGNの作業に関しては完全にお手上げ状態で、

1人で作業をさせたらラインを止めまくりで生産計画が大幅に狂うレベル。

 

そんな状態ですから上司も習熟させる事は諦めたみたいで、

N-WGNの生産の時だけ社員がフォローに入って、

そこから最後までずっと二人三脚の状態で作業という有様ですわ。

 

今までならこういう人でも普通に契約更新の希望が通ってきましたが、

同一労働・同一賃金が施行されたら問答無用でクビを切らないとダメでしょう。

 

 

いくら人手不足だとは言っても1人で作業できない人間を残しておく理由はありません。

 

後は自職場のように女性の工程だけ露骨に負担が少ないのもどうかと思います。

女性だからという理由でそうしてるなら給料も差をつけるべきでしょう。

 

まあ正社員と非正規の格差を無くす事は大事だと思いますが、

それと同時にこういう期間工の中での不公平感も解消してくれないとね・・。

 

2020年は期間工にとって冬の時代!?

こんにちは。

今年の姫始めは2月以降になりそうなさとやん7です。

何とかバレンタインデーまでには・・。

 

さて、皆様もすでにお気付きかも知れませんが、

昨年あたりから期間工の求人状況がどんどん悪化してきてますよね。

もはやここまで酷いと壊滅状態と言った方が良いかも知れません。

 

例えば以前の記事でも紹介したマツダ期間工の募集停止。

これは新聞記事にもなってたほどですからかなり深刻でしょう。

 

 

さとやん7にとって広島は第二の故郷であり、

ホンダを満了後は半年だけでもマツダに戻ろうかと考えてましたが、

この様子ではそれもどうなることやら・・。

 

 

それ以外にも日産車体湘南、三菱水島、アイシン、日野などもずっと募集が止まったまま。

結局のところ募集が続いてるのはトヨタ系か離職率の高い企業ばかりですわ。

 

だから熊本飛燕隊さんにとっては選択肢は無いにも等しいと言えるでしょう。

実際に周りでもトヨタ系は短期で逃げ出してる人が多いですからね。

いくら条件が良くて門戸が広くても仕事が続かないのでは絵に描いた餅。

 

さらには昨年の目玉案件の一つであったスバルの入社祝い金にしても

さとやん7が入社した2019年の2月は45万円だったのに、

2020年1月現在では30万円まで下落してますね。

 

今までは一旦下落してもすぐに高値水準まで戻るケースが多かったのですが、

現在のこの状況は単なる時期的な問題というわけではなさそうなので、

おそらく今後はこのまま下落の一途を辿る可能性の方が高いでしょう。

 

そして何と言っても一番衝撃的だったのが、

我がホンダ鈴鹿製作所の募集までもが停止してることですわ。

 

 

一応、直接応募の公式ページではまだ募集が続いてましたが、

日総工産やMan to Man株式会社の方は募集停止になってるので、

以前よりも採用人数はかなり絞ってると思われます。

埼玉の方も未だに募集再開の目処は立ってないみたいですからねえ・・。

 

おそらくこれはホンダだけの問題ではなく、

自動車産業や期間工という働き方が斜陽の時代に入ってきてるのでしょう。

今は円高という外部要因が無いのにこの状況ですからね。

ある意味ではリーマンショックの時よりも深刻なのかも知れません。

 

評論家の間では自動車産業は100年に1度の変革期なんて言われてますが、

今後はこのままトヨタの寡占化が進んでいくのは間違いありません。

 

そうなると当然ながら期間工の採用基準も厳しくなってくるので、

40代や50代の人間はかなり厳しい状況に追い込まれるでしょう。

 

もう昔みたいに誰でもかれでも雇ってもらえた時代は確実に終わりを迎えます。

実際に昨年も年齢を理由に応募を渋られた会社が幾つか有りましたからねえ。

 

だから今後はホンダのような緩いタイプの会社を選んで、

1日でも長く働き続けるというスタンスが主流になってくるでしょう。

またはPEOで正社員として働くパターン。

少なくても以前のような短期の渡り鳥は通用しません。

 

もうすでに売り手市場の時代は終わりを告げて、

今や完全な買い手市場にシフトチェンジしてるので、

働く側もちゃんと意識改革をしていかないとね。

 

だから熊本飛燕隊さんのように逃げるが勝ちなどと言って、

すぐにダメな理由ばかり探してしまうタイプの人は

今後は確実に淘汰されていくことでしょう・・。

 

前澤友作社長のお年玉10億円企画で期間工が100万円を貰ったら・・

こんにちは。

今年の元旦は516円で過ごしたさとやん7です。

更に本日の出費も790円。

 

早い話が部屋に引き篭もってひたすらパソコンを弄ってるだけですね。

唯一の外出と言えばコンビニへ行く時くらいのもんですわ。

 

 

まあ昔から正月休みを満喫できるのはリア充と富裕層と正社員だけですからね。

独り身の期間工にとって年末年始はただ単に不便なだけ。

ハッキリ言って何一つ良いことなんてありません。

 

そう考えると期間工に9連休なんてのは無用の長物ですよねえ。

妖怪人間ベムのセリフじゃありませんが早く人間になりたいもんですわ・・。

 

 

ちなみにお正月と言えばお年玉。

お年玉と言えばやはりあの企画ですよね。

 

そうです。

 

今年もZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)がやってくれましたわ。

 

 

確か昨年は100万円を100人にプレゼントでしたが、

今年はその10倍の1000人に100万円で総額10億円。

相変わらず前澤氏はお金の使い方がぶっ飛んでますよねえw

 

以前に熊本飛燕隊さんもお金持ちになって皆を幸せにしたいと言ってましたが、

そういう理想をちゃんと実現させてるのが前澤友作氏。

このお年玉企画には色々と批判はあるものの有言実行は立派だと思います。

 

いくら前澤氏が1000億円の預金を持つセレブだとは言っても、

見ず知らずの1000人に100万円ずつ配るというのは、

そうそう出来る事ではないはずですからね。

 

それに対して熊ちゃんは皆を幸せにするどころか、

毎週セコイ馬券をちょろちょろ買い続けて、

たまに当たった時も風俗に使うだけという有様。

 

 

まあ応募方法は前回と同じく前澤氏のツイッターをフォロー&リツイートだけなので、

お金が大好きな熊本飛燕隊さんなどは早速応募したことだと思います。

もし当選したらそのお金を皆に配って幸せにしてあげて下さいねw

 

っていうか、かげぽんさんも成金自慢ばかりせずに、

たまには読者にプレゼント企画でもしたらどうでしょうか?

そうすれば少しはアンチも減ることでしょう・・。

 

ちなみに前澤氏のお年玉企画のコンセプトは以下の通りだそうです。

 

「自分の力だけではどうしようもできない人に、人生を立て直す『きっかけ』という名のお金(今回は100万円)が配られたらどうなるか?人生好転させられないか?自分次第だから努力しろ、って突き放すのではなく、社会全体でチャンスを与えることできるのでは?」

 

どうやら今回は当選者に使い道のレポートも義務付けるみたいですね。

だから入社祝い金泥棒みたいにお金だけ貰ってとんずらは通用しないでしょう。

 

それに期間工に100万円を配ったところで砂漠にバケツで水を撒くのと同じですからね。

せいぜいギャンブルか風俗かお酒か車に消えていくのが関の山。

中には貯金する人間まで出てくることでしょうw

そういう意味ではこの企画に最も相応しくない人種だと言えます。

 

 

そもそも我々に欠けてるのは人生を立て直すキッカケではなく、

まずは真人間に生まれ変わるための努力ですからね。

 

 

やはり自堕落な人間に100万円を与えても人生は好転しません。

それは金額が1000万円でも1億円でも同じ。

むしろ金額が大きくなればなる程にダメになっていくだけでしょう。

 

だからさとやん7は今年は応募しません。

(※そもそもツイッター自体をやるつもりが無し)

 

同じ100万円でも他人からポンと貰ったものではなく、

1年掛けてコツコツと貯めた100万円じゃないと意味がありませんからね。

結果的にその経験が血となり肉となって後に何十倍・何百倍ものお金を生み出すのです・・。

 

最近の期間工の求人がなかなかヤバイことに。リーマンショックの再来!?

こんにちは。

先週の土曜日に実家に帰省した際に年金暮らしの母親から、

最近の期間工の求人がヤバクなってる事を教えてもらったさとやん7です。

 

なんてったってウチのおかんはきろくがかりさんの大ファンですからね。

おそらくその辺の下手な期間工ブロガーよりも詳しいでしょう。

 

っていうか、最近はさとやん7の周りに期間工ブログの読者が増えましたわ。

ヒルズ族のおじさまにしたって本来なら期間工なんか一生縁が無いにも関わらず、

今では毎日のように期間工ブログや求人の情報を教えてくれますからねえ・・(^^;)

 

 

さて、そんな期間工の求人状況ですが確かにヤバイ事になってますね。

もちろんこの場合のヤバイとは悪い方の意味で・・。

 

ホンダの埼玉(寄居)が募集を停止した事は以前の記事でも触れましたが、

今度はあのマツダまでもが期間工の募集を停止したみたいです。

それに関する新聞の記事は以下の通り。

 

マツダは最長3年の契約で働く期間従業員の募集を今月8日からとりやめた。

国内の生産拠点が対象となる。

米中貿易摩擦の影響などを受けて海外での販売が低迷しているためで募集の再開は未定という。

国内外向けの生産を担う広島県の本社工場と山口県の防府工場でとりやめた。

両工場での生産のうち8割ほどが輸出となっている。

マツダの今年度上半期(4~9月)の世界販売は

米中貿易摩擦の影響で中国販売が落ち込むなどし、

前年同期より8%減少の約73万台。

国内の年間生産も当初計画から5万台近く少ない98万5千台に修正した。

マツダは期間従業員について「短期的な生産計画に基づき、採用を考えている」と説明。

いま働いている期間従業員の雇い止めはしない方針だという。

 

 

ホンダとマツダが国内工場で期間従業員の新規募集を停止したことが二十日分かった。

日産自動車も採用を抑制する方針を示している。

世界経済の先行き不透明感を背景に日本や米国など主要市場の販売低迷が雇用に影響し始めた。

ホンダは、埼玉製作所の寄居工場(埼玉県寄居町)で募集を止めた。

主力のスポーツタイプ多目的車(SUV)「CR-V」などの生産計画に合わせた人員調整としている。

鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)やバイクを生産する熊本製作所(熊本県大津町)では募集を続けている。

マツダは本社工場(広島市など)、防府工場(山口県防府市)で募集を八日に停止した。

国内や北米向けの生産台数の減少が理由としている。募集再開の時期は未定。

マツダは2019年4~9月の世界販売台数が前年同期比8%減の73万1千台と大きく落ち込んでいる。

市場の減速に加え値引きを抑える販売戦略も影響した。

日産は世界で一万人超を削減する一環として栃木工場(栃木県上三川町)、

日産自動車九州(福岡県苅田町)、日産車体九州(同)で期間従業員の採用を抑制し、

22年度までに計880人を削減する計画を7月に発表している。

 

もはやこれを見る限りでは期間工バブルの終焉などという生易しいものではなく、

自動車産業自体がかなり斜陽になってきてるのかも知れませんね。

株価を見ても完全にトヨタの1人勝ち状態になってるので、

おそらく今後10年・20年でどんどん寡占化は進んでいくでしょう。

 

自分にとって広島は第二の故郷とも言える場所だけに今回の記事は非常にショックでしたわ。

愛しい人も向こうに残してきてますからねえ。

ホンダ鈴鹿を退職後は半年だけマツダに出戻りと考えてましたが、

このままではそれもダメになりそうな感じ。

 

 

まあ期間工(契約社員)と働き方自体が無くなる事はないと思いますが、

労働条件や採用基準などは徐々に厳しくなっていくでしょうね。

そうなった時に期間工という働き方に旨味が残ってるのかどうかは疑問だし、

現在のように50代でも雇って貰えるのかも怪しくなってきます。

 

だから今後は我々期間工も色々と考えなくてはいけませんね。

今までのように何も考えずにボーっと働いてるだけでは確実に淘汰されていくでしょう。

 

ちなみにホンダ鈴鹿の同期には10年前のリーマンショックで派遣切りを経験した人もいました。

その時は一律で60万円ほどの退職金を貰ったそうです。

寮も最長で1ヶ月だけ残れたそうですね。

 

まあ当時は各社ともに世間から非難を浴びて苦い思いをしてるし、

今は円高対策で海外での生産比率を増やしてきてるので、

よもやリーマンショックの派遣切りの二の舞は無いはずですが、

それでも何が起こるか分からないのが人生ですからねえ。

だから備えあれば憂い無しで常に次の道は模索しておくべきでしょう。

 

また現在の会社で1日でも長く働くというのも非常に大切ですね。

このさとやん7にしてもスバルを退職後は転職活動に四苦八苦して、

現在のホンダ鈴鹿に辿り着くまで非常に苦労しましたし、

貯金もガッツリと減らしてしまいましたからねえ。

もはや祝い金ハンターなどというのは完全な死語だと言えるでしょう・・。

 

馬券生活5年で3億8971万円の真田理さん

こんにちは。

過去にステファニーチャンという駄馬の単勝に70万円を突っ込んださとやん7です。

今思えば狂ってたとしか思えませんね・・。

 

ちなみに著名なプロ馬券師と言えば、

多くの人が名前を挙げるのが下記の3人ではないでしょうか。

 

・大川慶次郎

・清水成駿

・熊本飛燕隊

 

まあ奇しくも全員が故人ではありますが・・。

 

そんな空席状態のプロ馬券師の枠に新たなる新星が誕生したみたいですね。

その名は真田理さん。

 

かの有名な熊本飛燕隊プロでも果たせなかったWIN5の的中を2度も達成したそうです。

しかも2回とも1億円超えというのが羨ましい・・。

 

 

確か以前に国税から馬券収入の申告漏れを指摘されて話題になってた人ですよね。

それで裁判にもなってたような気が・・。

という事はコアテッドみたいに得体の知れない競馬予想会社と違って、

本当にそれだけ儲けてるんだという証拠ですよね。

 

そして彼のWIN5に対する考え方がこちら

 

「一般の方が用意する週末の競馬資金は1万~3万円でしょうが、

それでWIN5を購入すると、点数を絞って穴馬を消さざるを得ません。

つまりWIN5で買えない馬は不当に人気が下がり、その分期待値が上がるのです。

そこで、私は手広く勝負するため通常の馬券とは別に

毎週平均25万円前後をWIN5資金に充てていました」

 

まあ、これは非常に正しい理屈だと言えるでしょう。

何よりも期待値という考えに好感が持てます。

あくまでもトータルプラスになれば良いという考え方ですよね。

 

やはりギャンブルでも投資でも資金の少なさは致命的だし、

そういう余裕の無い状態で勝負すると負けたくないという気持ちが強すぎて、

正確な判断というものが出来なくなってしまいますから・・。

 

 

仮に1番人気と16番人気のどちらかを切り捨てるかという選択を迫られた場合に

資金に余裕が無い人は得てして安全な方を選んで裏目に出てしまいがち。

熊本飛燕隊プロの予算なんか通常馬券とWIN5を合わせて1日5千円ですから、

どこかで人気薄が1頭でも入るとその時点でほぼアウトでしょう。

 

資金不足で人気薄の馬を切ってそれがきてしまう。

競馬の世界では良くあることですわ。

運というのは弱気な人間には味方しませんからね。

それなら最初からランダム買いの方が良いだろうって話です。

 

しかも真田理さんはレース分析に月600時間も掛けてるそうですね。

月600時間と言えば毎日20時間ほどですから起きてる間はほぼ研究。

やはりここまでやるからこそ自信を持って大金を投じる事が出来るのでしょう。

 

逆に熊本飛燕隊さんなどは複勝ですら100円。

おまけに1レースから12レースまで全て手を出してます。

これでは何をやっても上手くいくはずがありませんよね。

リスクが小さいとそれだけ予想に対する真剣度も下がって当然。

もはやプロ馬券師というよりは単なるギャンブル依存症と変わりません。

 

 

やはり勝ちたいのであれば競馬だけじゃなくパチンコやスロットにおいても、

期待値がマイナスの状態では手を出さないというのが大前提。

つまり自信が無いレースはケンするわけですね。

そしてその分、自信のあるレースに大きく張る。

 

当然ながら馬券種別も単勝やワイドが中心になってきます。

3連単みたいな不確定要素の強い馬券を買ってる時点で負けが確定。

 

ちなみに馬券の話に隠れてサラっと流してはあるものの、

この真田理さんはパチプロ時代に1億円の貯金を作ったというのも凄い話。

確かNHKから国民を守る党の党首も似たような経歴ですよね。

やはり何かで突出した結果を出せる人はステージが変わっても強いもんですわ。

 

着眼点が素晴らしいのは勿論のことですが、

努力に裏打ちされた自信があるから軸にブレがありませんよね。

とことんまで自分を信じて突き進む事が出来るし、

そしてそれが結果として表れてるだけに尚更です。

 

逆に熊本飛燕隊さんはそれが無いから馬券で勝てないのは勿論のこと、

仕事すらも3ヶ月とか半年しか続かないという体たらく。

そう考えるとギャンブルであろうが仕事であろうが、

成功する人は何をやっても成功するし、

逆にダメな人は何をやってもダメなのでしょう・・。

 

NHKで特集されたかげぽんブログは期間工のバイブルになりえるのか?

こんにちは。

NHKは紅白すら見ない主義のさとやん7です。

それこそ国民から守る党に入りたいくらいに大嫌い。

ちなみに今は部屋にテレビも冷蔵庫も無いので、

NHKの手先(集金人)が来ても安心ですね。

さて、NHKと言えば皆様の大好きなかげぽんブログが特集を組まれたみたいです。

何やら聞くところによると北のななしさんにもオファーがあったとか・・。

まあ、何故さとやん7や熊本飛燕隊さんの元には無いんだという怒りは一旦置いといて、

これでかげぽんブログが自他ともに認める期間工業界の№1サイトになったと言えるでしょう。

(※好かれてるかどうかは別として・・)

 

ただし、かげぽんブログで提供されてる情報が、

我々期間工にとってのバイブルになるかと言えばそれはまた別の話。

これはどんなジャンルでもそうですが、

決してアクセスの多さ=情報の質の高さではありませんからね。

そこは注意が必要です。

寿司に例えるならかげぽんブログは回転寿司みたいなもんでしょうか。

確かに万人受けはするものの肝心の中身はと言えば

正直なところ『・・・(^^;)』って感じだと思います。

 

もし仮に自分がホンダ鈴鹿を辞めて次の働き先を探すとなった場合には

皆さんと同じように色んな期間工ブログを見て参考にすると思いますが、

その際にかげぽんブログの情報が役に立つかと言えば

間違いなく糞の役にも立たないことでしょう。

 

理由としてはやはり情報の質があまりにも低すぎることですね。

実際に彼のブログの記事を見てもらうと分かるのですが、

無駄に文字数と広告が多いだけで肝心の中身がスカスカです。

 

しかも現役の期間工ではないので体験談というものが皆無。

そのため給料や寮の情報などは大半が他のブログやツイッターからの無許可転載。

これに関しては無許可転載されたブログ運営者たちから非難の声が数多く挙がってます。

後は目立つのが派遣会社やメーカーのサイトからそのまま転載してきただけの求人情報。

これなら最初から派遣会社のサイトを見た方が早いですよね。

要はオリジナルの部分が一つも無いわけです。

 

 

そして読者にとって一番厄介なのが情報の裏付けをせずに、

間違った情報のまま平気で垂れ流してしまうこと。

特に社会保険の手続きなどで多く見られますよね。

自分で調べてしっかりと書いてたら絶対に気付くはずの間違いでも

彼の場合はコピー&ペーストで記事を量産するスタイルのため、

おそらく全く疑問を持たずに公開してしまってるのでしょう。

 

ただ、これは何もかげぽんブログだけに限った事ではありません。

巷に溢れるまとめ系サイトなんかでも同じですよね。

それでお金が稼げてしまうシステムに問題があると言えるでしょう。

だから今後もかげぽんブログを模倣したサイトはどんどん増えてくると思います。

 

まあ、質の高い期間工情報を仕入れたいなら、

ちゃんと日記形式でブログを書いてるサイトを見ることですね。

もちろん現在進行形で更新を続けてるサイトに限りますが・・。

結局のところ年収とか寮なんて何処の会社も似たり寄ったりなので、

大事なのは働き易い環境かどうかという部分です。

だから期間工ブログを見る際にはそういう部分をチェックしましょう。

 

最後に繰り返しになりますがかげぽんブログの情報は現役期間工にとって、

 

糞の役にも立ちませんよ!

 

 

さとやん7が貧乏時代に経験した日払いバイトのフルキャストやワーカーズプロの体験談

こんにちは。

日雇い時代の仇名はタンクトップのさとやん7です。

 

 

昨今、働き方改革で注目され始めた副業。

その影響で日払いバイトも再び注目されてきましたよね。

期間工も大型連休中に利用する人は多いでしょう。

実は自分も期間工を始める前は良く利用してました。

そこで今回は体験談などを交えて紹介していきたいと思います。

 

ちなみに今回の記事のポイントは

 

・日雇いはフルキャストがおすすめ

・1日でも働けるので大型連休などに便利

・前払い制度もあるよ

・登録はWEBで出来る

・仕事の予約から終了の報告まで全てスマホで完了

・給料の相場は時給1000円

・日雇いだけで月収28万円の時もありました

・働き過ぎると住民税が増えるので注意が必要

・現場までの交通費がないほど貧乏な人もいる

・同じ現場に何度も行くと引き抜かれることが多い

・現場によっては変な人も多いので注意が必要

・ピッキングの現場はアマゾン以外は楽

・たまにムチャクチャ遠方の現場もある

・引越しの仕事で名古屋において行かれた人もいたw

 

 

なお目次は下記のような感じです。

目次に戻りたい時は右下の矢印ボタンを押せばOK

←こんな感じのボタン

 

では、早速いってみましょう。

 

日払いバイト

日払いバイトの基礎知識

フルキャストってどんな会社

フルキャストは日雇い派遣の最大手です。

営業所も全国にあるので仕事の量はかなり豊富。

単発の仕事ならフルキャストの1強でしょう。

2ちゃんねるにもスレッドは無数に立ってます。

日雇い労働者のキャラも濃い人が多いですね。

ちなみにフルキャストにはアドバンストという子会社もあります。

でもアドバンスはアドバンスでまた別に登録が必要なので気を付けましょう。

ワーカーズプロってどんな会社?

ワーカーズプロは大阪に本社がある派遣会社です。

確か本業はシステム開発の会社。

一度だけ仕事で大阪の本社に行った事があります。

専務(確か社長のお母さん)も感じの良いご婦人。

以前は全国に支店がありましたが今はかなり統合されてますね。

そのためフルキャストと比べると仕事の数はかなり見劣ります。

どちらかと言えば関東、関西、中部東海、九州に偏ってるイメージ。

実際に5ちゃんねるのスレッドも進みが遅いですからね。

ただ、労働者はフルキャストに比べるとまともな人が多いです。

ワーカーズプロでワーキングプアな人はあまり見掛けませんね。

登録の方法は?

昔は電話で予約して最寄の営業所まで登録説明会に行くのが主流でした。

そしてDVDを見せられて個人情報を記入するという流れ。

でも今はWEBから登録説明会の受講が主流です。

これはフルキャストもワーカーズプロも同じ。

おそらくワーカーズプロの方はWEB登録のみでしょう。

5分程度の説明動画を見たら後はプロフィールを入力。

そして身分証明書や顔写真をスマホから登録して完了です。

そのため事務所に行くことはありません。

どうやって仕事に入るのか?

昔は仕事の予約は何処も電話でした。

派遣会社に電話して向こうが幾つか候補を出してくる感じ。

でもこちらからすればどんな仕事があるのかも分かりません。

だから良く事務所まで出向いて直接交渉してましたね。

 

でも今は仕事の検索から作業終了の報告まで全てスマホで完結。

それぞれ専用の仕事検索サイトがあります。

フルキャストならキャストポータル。

ワーカーズプロなら025810.comですね。

仕事開始まで大まかな流れとしては以下の通り。

 

ポータルサイトで仕事を検索

 

 

行きたい仕事があればWEB上からエントリー

 

 

仕事の前日or前々日に仕事確定の通知

 

 

前日確認

 

 

当日の朝に出発確認

 

 

到着連絡

 

 

仕事開始

 

電子完了票で作業終了の報告

 

まあ昔は仕事の応募は早いもの勝ちでしたけどね。

だから休憩中なんかも皆が携帯で必死に仕事を探してましたわ。

でも今は違います。

もしエントリーが複数被った場合は会員のランクなどで決まるシステム。

中にはその現場の常連などが強引に捻じ込まれる時もあります。

早めに落選が決まればまだマシですが大半は前日まで引っ張られますからねえ。

だから仕事に入れなかった場合は悲惨。

日払いの仕事はどんな職種があるのか?

仕事の種類は本当に様々です。

昔は工事現場もありましたが今は禁止。

まあ一年を通して仕事があるのはやはり工場系ですね。

特に食品と印刷が多い印象。

あとは各繁忙期ごとに色んな仕事が舞い込んできます。

春なら引越しやアパレル系の倉庫。

夏なら花火大会の会場設営なんかも多いですね。

秋なら地元のお祭りとか展示会の設営作業。

冬場だとスノボのイベントとか。

基本的には誰でも出来る仕事です。

期間工のように作業訓練が必要な作業はありません。

工具なんかを使うこともほぼありませんからね。

言わば究極の単純作業と言えるでしょう。

当日に体調不良になったら?

期間工の場合は体調が悪いと無理せずに休めというスタンス。

ましてやインフルエンザで無理して出たりしたらボロカスに怒られます。

でも日払いバイトの場合は取り合えず現場に行けと言われますね。

そして派遣先の指示を仰げと言われます。

以前に通勤途中にバイクに轢かれた時もそうでしたわ。

取り合えず現場まで行ってくれと言われました・・(^^;)

もちろん行きませんでしたがw

このように突発に関しては期間工よりも遥かに厳しいです。

インフルエンザだとかそんなものは関係ありません。

基本的に日雇い労働者は信用されてませんからね。

実際にそれだけ無断欠勤は多いです。

だから突発は理由に関係なく全てイレギュラー扱い。

厳しい会社だと1回で仕事の制限を食らいます。

もちろん無断欠勤は問答無用で登録抹消。

どんな人たちが働いてるのか?

日払いバイトは土日は主にサラリーマンや学生。

そして平日に働いてるのは専業ですね。

専業の中には日雇いから抜け出しても抜け出せない人も多いです。

いわゆるワーキングプア。

それこそ現場までの交通費も事欠く人もいますからね。

特にフルキャストの場合はキャラの濃い人たちが多いですw

 

・夏場に数百円のバス代をケチって1時間歩くなんてザラ

 

・昼飯は水と空気とタバコ

 

・服は行き帰りの電車もボロボロの作業服

 

・保険証もお金も無くて医者に行けないからギックリ腰もロキソンニン

 

・趣味は仕事帰りの1円パチンコ

 

あとはマウントを取りたがる人が異常に多いですね。

しかも年配の日雇い労働者になると虚言のオンパレード。

特に搬入出系と工場系は常連の勘違いレベルがリミッターを振り切ってます。

だから初めて現場に行くような時は注意が必要。

正確には日雇い派遣ではなく日々紹介?

実は派遣法の改正で今は単発バイトの大半は日々紹介です。

単発派遣は働ける条件が厳しくなったので大半の人は該当しません。

だからフルキャストやワーカーズプロの仕事の9割以上は日々紹介。

まあイメージ的には期間工の職業紹介と同じですね。

仕事や現場での扱い自体は派遣と何ら変わりません。

単に雇用主が派遣会社ではなく紹介先企業になるだけ。

もちろんそうなれば給料の支払い方法や税金が変わってきますけどね。

引き抜きはあるのか?

実は日雇い派遣で同じ現場に何回か行くと引き抜きの話があります。

自分もそれで3社ほどお世話になったことがあります。

まあ、派遣契約なら完全な契約違反ですが今は日々紹介ですからね。

派遣会社もこれに関しては強く言えないところがあるのでしょう。

中には初めて日雇いの現場に来てその日の帰りに引き抜かれ、

アルバイトどころか正社員にまでなってしまった青年もいましたわ。

そして自分たちはその現場で彼から仕事を教わるというw

 

日払いバイトの給料

お給料の相場は?

日払いバイトの給料は時給1000円が相場です。

ただし、工場系以外は勤務時間が短いのが難点。

日給8000円クラスの仕事なんて夜勤以外では月に数回程度。

だから日給だと5千円台や6千円台が多いですね。

また工場系の軽作業だと900円とか800円というのもあります。

(※地方だと派遣先は中小企業が多いので)

逆に繁忙期の引越しとかだと時給2000円になることもあり。

ちなみに今まで自分が働いた中で最低賃金は700円でした。

搬出系の肉体労働でしたが3時間の仕事で交通費も無し。

さらにはパワハラのオマケ付きですw

でもこういう仕事は1時間くらいで終わっても日給保障なので意外に人気。

一番早い時で3時間契約の仕事が10分で終わったこともありました。

逆に一番高かったのは立命館大学の移転作業で時給1400円。

その時は残業も多かったので月の手取りが28万円でしたわ。

これが日雇いで稼いだ最高月収です。

交通費は出るのか?

これは現場によるとしか言えません。

基本的には交通費無しか定額支給ですね。

ワーカーズプロだと一律600円というのが多いです。

だから日雇いワーカーは長時間掛けて徒歩や自転車で来る人が多いです。

中には交通費を使ったがために昼飯を抜くなんて人もいますね。

こういう人達が期間工に来たら間違いなく1年で300万円は貯めるでしょうw

ちなみに昔は交通費が実費支給の仕事もありました。

しかも領収書は必要ありません。

登録した自宅の最寄り駅から現場までの分が無条件で支給。

でもそれを悪用して毎回5千円請求する人がいたんですよね。

普通に考えて姫路から滋賀県の守山までは通わないでしょう。

日給5千円の仕事で交通費が5千円。

そういうのがあってから交通費に関しては厳しくなりましたわ。

給料の受け取り方法は?

実は日払いバイトと言いながらも今は日払いで受け取れるケースは稀。

前述のように今は日雇い派遣ではなく日々紹介ですからね。

だから紹介先の企業ごとに支払い方法がバラバラ。

少し大きめの工場とかだと月末締めの翌月25日払いなんてケースもザラです。

まあ、主流は1週間後とか2週間後の振込みですね。

未だに当日の手渡しでくれるのは搬入出系の短時間仕事くらい。

だからフルキャストなんかだとそういう現場は給料が安くても人気です。

前払い制度

前述のように今は日払いの現場がかなり少なくなりました。

その代わりにフルキャストやワーカーズプロでは前払いの制度があります。

これは支払い待ちの給料の何割かを先に受け取れる制度。

通称、即給と呼ばれるシステムです。

(※ワーカーズプロはエスプリ)

まあフルキャストは現場まで交通費すら事欠く人も多いですからね。

そういう人はこの即給が無いとどうにもならないでしょう。

ただし、紹介先の企業によってはこれを導入してないところもあります。

だから早急にお金が必要な人は即給利用が可能な現場を選びましょう。

日払いバイトの税金

日払いバイトの税金は源泉徴収で毎回引かれます。

日額の乙欄が適用されるので毎回1割ほどが天引き。

そして当然ながら年末調整はしてもらえません。

だから必ず自分で税務署に出向いて還付金の申請をしましょう。

ただし日々紹介だと源泉徴収票は各紹介先の企業ごと。

(※派遣会社のポータルサイトから一括請求が可能)

そのため働いた現場の種類が多いと源泉徴収票の枚数も凄いことになりますねw

住民税への影響はあるのか?

これはマイナンバー導入後は誤魔化せなくなりましたね。

そのため申告しなくてもキッチリ修正されて請求が届きます。

特別徴収で給料から住民税が天引きされてる人だと通知も会社経由で来るでしょう。

実際にマツダ時代はそのパターンでした。

しっかりと働いた分が所得に加算されて住民税の額が修正されてましたわ。

だから副業がバレて困るような人だと止めておいた方が無難でしょう。

思い出に残ってる現場

女性用下着のピッキング

これは女性用下着の大手メーカーであるワコールの倉庫作業。

時給は900円の6時間仕事でした。

作業内容は指示書で指定された商品を棚から取ってきます。

商品はパンティーとかブラジャーなんで体力的には実に楽。

倉庫内も空調が効いてますからね。

働いてるのも8割が女性。

初日には女子大生からパンティーのたたみ方を教わりましたわw

ただし、一度にピッキングする枚数が100枚とかはザラ。

だから気を付けないと結構間違えやすいですね。

しかも2、30枚程度だと小脇に抱えて運ぶような感じ。

つまり周りから見れば完全に下着泥棒です・・w

食品工場の検品

これはヨーグルト工場の検品作業でした。

時給は850円で4時間。

作業内容は飲むヨーグルトの液漏れが無いかの検査。

いわゆるライン作業というやつですね。

自分は期間工ですらもライン作業は未経験。

そのためこれが唯一のライン作業の経験です。

なお、作業内容は流れてくるヨーグルトを軽く摘むだけ。

ほんと、それだけなんですw

作業に入って30秒で本気で帰りたいと思いましたね。

こんな作業を4時間も休憩無しでやったら帰りは放心状態でしたわ。

しかもパートのおばちゃんにメチャクチャ怒られますから・・(^^;)

もう二度とその現場に行くことが無かったのは言うまでもありませんね。

イベント会場の撤去作業

これは某イベントホールでの展示会の撤去作業です。

時給は1000円で3時間。

人気の現金手渡し作業ですね。

確か日雇いからは15人くらい来てたと思います。

そして先に担当者が現場に入って自分達は外で待たされました。

しかし、待てども待てども戻って来ない・・。

季節は2月で時間帯も夜。

いくら防寒着を着てるとは言ってもこれは辛い。

 

って、ことで勝手に帰りましたw

 

ちなみに派遣会社からのペナルティは無し。

人数が多すぎて向こうも気付いてなかったみたいですね。

でも罪悪感でこれ以後は仕事に行ってません。

釣り船の清掃

これは某釣り具屋さんでの仕事。

時給は900円の割りに結構な肉体労働。

確か時間は5時間くらい。

仕事内容は2人1組での釣り船の清掃でした。

でもこの相方というのがなかなか問題ありの人物。

まあ別にマウントを取るのは良いと思うんですよ。

そういうのは多かれ少なかれ何処の現場でもありますからね。

 

しかし個人情報を根堀り葉堀りと聞いてくるのはアウトでしょう。

ましてや無職というだけで激しくディスってきますからねえ。

 

『携帯代はお母ちゃんに払ってもらってるのか?』

 

『その歳でこんな日雇いなんてやって将来どうするん?』

 

まあ100歩譲って人生の成功者に言われるのなら仕方ありません。

でもタナカ(仮名)ジャージから半分お尻が出てる40後半のオッサン。

おまけに彼が言う本業も工場の契約社員らしいですからね。

 

ってことで・・。

 

タナカ(仮名)にバケツで水をぶっ掛けてから帰りましたw

 

後から聞くと地元の期間工仲間も同じ行動に出たそうですw

ガス会社の展示会

これは滋賀県の米原での撤去作業。

日給5千円+交通費3千円の5時間の仕事でした。

作業者は自分を含めて3人。

1人は50過ぎの人の良さそうなおじさん。

もう1人は少し頼りない感じの20代の青年でした。

そして当然のように手際の悪い青年は怒られまくり。

それを見て自分がおじさんに軽く話を振ったわけです。

青年はもう少し頑張らないといけないなと。

 

するとおじさんから返ってきた言葉が

『あの子は私の息子なんです・・』

 

まさかのカミングアウトに一瞬言葉が詰まりましたわw

日雇いに親子で来るのってかなり珍しいですからね。

しかし派遣先の担当者はそんな事を知りません。

だから相変わらず親父さんの前で息子を怒鳴りまくり。

さすがにこの時ばかりは胸が痛みましたねw

 

ちなみにこの親子は愛知から車で下道を通って来たそうです。

片道2時間くらいと言ってましたわ。

それを聞いて二度ビックリ。

まあ、自分も京都から来てるので人の事は言えませんが・・。

ポスティング

これは日雇いバイトでは比較的メジャーな作業ですね。

時給900円で6時間の契約です。

概ね2000枚くらいがノルマでしたね。

でも夏場と雨の日は絶対に避けるべき仕事。

特に真夏は工場勤務に匹敵する地獄。

少し歩いただけ汗が吹き出してきます。

おまけにポストが暑いの何のって・・。

それに犬がいる家は危険。

まあ、真面目に配ってると割りに合わない仕事ですね。

だから中にはチラシを捨てて帰るとんでもない人もいます。

一緒になったおじさんなんて喫茶店で休んでましたからね。

でもそれは後々大問題になるので絶対に止めておきましょう。

遺品整理

これはメモリーズという大阪の遺品整理業者の仕事。

確かテレビ東京の日曜ビッグバラエティなどでも特集されてましたよね。

時給は900円で4時間の仕事でした。

現場は孤独死した老人のアパート。

おそらく家賃は1万円~2万円くらいでしょうね。

生活保護で借りてたのかも知れません。

室内は生活の跡がそのまま残ってましたわ。

おそらく数日前までは普通にここで暮らしてたのでしょう。

まあ今まで引越し系の仕事は腐るほどに経験してきましたけどねえ。

これほどブルーな気持ちになる現場というのは他にありませんわ。

言わば独身の自分にとってはあれが未来の姿ですから・・。

絨毯会社の倉庫作業

作業内容は絨毯の入出庫作業や検品。

日によってはコンテナ下ろしもありました。

時給は1000円で7時間半。

単発バイトの中では数少ないまともな給料の現場です。

ただ、ここは非常に勘違いの多い現場でしたね。

というのも絨毯という漢字が読めない人が大量にいました。

だから何の作業か良く分からないままに来てるんですよね。

少し年配の人なら絨毯=重いというイメージがあるでしょう。

でも若い人にはそれがありません。

そのためカジュアルな服装に革靴で来るような人もいましたわ。

ちなみに絨毯って6帖とかになるとかなり重いんですよ。

だから慣れてない人からすればまず肩に担ぎ上げるだけでも結構な重労働。

持った瞬間に後ろにひっくり返るような人もいました。

それを10Fのコンテナから何百本も下ろして、

倉庫の棚に一つ一つ仕舞っていくわけですからね。

途中で腕がパンパンになって台車から下ろす事すら出来なくなる人が多いです。

だから夏場などは午前中の時点で脱落する人が続出。

午後から自分1人で作業なんてパターンもザラでした。

名古屋に置いてけぼり?

これは自分の体験談ではなく友達の体験談。

実は彼が入った現場は悪名高い引越し屋の現場。

その日は現場が京都だったんですよね。

そして引越し先の現場が名古屋。

まあ、こういう仕事で日雇い派遣を依頼する時というのは

京都か名古屋のどちらかの現場だけで派遣を頼むのが普通。

何故なら解散場所が非常に問題になってきますからね。

でも、彼は驚くことに名古屋で下ろされたそうです。

しかも交通費の支給は無しの仕事w

まあ、さすがにこれは酷いという事で後日交渉して交通費を貰ったそうですが、

中には1000円の電車賃すら持ってないような人もいますからね。

それを思えばあまりにも悪質な引越し業者ですね。

 

 

トヨタ期間工の健康診断は強制送還があるって本当!?

今回は入社時の健康診断のお話です。

まあ、正直なところ期間工って見るからに不健康そうな人が多いですよね。

特に40代とか50代ともなると高血圧で再検査になる人が目立ちます。

 

しかもホンダ鈴鹿には通勤ですらもフゥフゥ言ってるような、

100kg超えのおデブちゃんも多数存在しますからね。

 

まあ彼らは入社より入院の方が先だろうとは思うのですが、

それでも問題なく働けてしまうのが期間工。

 

 

だから例え入社時の健康診断の前日であっても、

平気でお酒を飲みに行く不届き者が多いのが実情。

(※本来であれば前日21時から絶食)

 

マツダでもスバルでもホンダでも必ずそういう人はいましたね。

特に期間工歴の長い40代や50代。

彼らは完全に世の中を舐めてます。

 

しかし世界のトヨタだけはそんな甘い考えは通用しません。

同業他社と同じだと思ってると痛い目に遭うでしょう。

 

何故ならトヨタは健康診断の結果に問題があれば問答無用で強制送還ですからね。

しかも問診で過去の腰痛を臭わせる発言をしただけでもアウト。

 

ちなみに健康診断は入社初日に行いますが結果が出るのは翌日。

だからその日は普通に研修を受けます。

 

そして2日目の研修の最中に職員の方から

『荷物を持ってちょっとこちらまで・・』

 

という感じで呼び出されるわけですね。

 

もちろん二度と研修室に戻れないのは言うまでもありません。

その後は寮で一晩を過ごして翌日には愛知を出て行くことになります。

 

まあ帰る場所がある人ならまだマシでしょうけど、

期間工は帰る家が無いという人も結構多いですからねえ。

 

ただし、無一文で放り出されるわけではありません。

 

以下の項目だけは支給されます。

 

・往復の交通費

・2日分の日当

・食事手当(10000)

・療養見舞金(27000)

 

ちなみにたった2日間の在籍とは言え、

健康保険や厚生年金には加入した事になるので、

当然ながら社会保険は3万円ほど控除されてしまいます。

 

そのため療養見舞金はほぼ相殺されてしまう形ですが、

それでも交通費が往復分支給されるだけマシでしょう。

スバルなんてこういう場合は無一文で放り出されますからね。

 

まあ、このように世界のトヨタは健康診断一つ取っても甘くないので、

少しでも健康に不安がある人は応募を見送った方が賢明ですね・・。