ホンダ鈴鹿期間工の福利厚生

ホンダ鈴鹿に入社して半年が経過したので改めて年次有給休暇についてのおさらい

こんにちは。

今年の(も?)バレンタインはチョコ0個のさとやん7です。

 

 

まあ仮に他の職場のレディが渡しに来るとしたら昼休みだと思ったので、

昼食はいつもより少し(かなり?)ゆっくりと食べてたのですが、

残念ながら待ち人来たらずと言ったところです。

 

まあ、この歳になるとチョコなんてと言い出す人も多いのですが、

おそらく自分はそういう冷めた考えは死ぬまで出来ませんね。

 

さとやん7は幾つになっても決して少年の心を忘れないので、

今年のようにチョコが貰えないまま2月14日を終えてしまうと、

思わず近鉄電車に飛び込みたくなるくらいに・・

 

 

さて、そんな女っ気の無い寂しい期間工生活ではありますが、

時間だけはリア充も非リア充も平等に流れるもんで、

気が付けばホンダ鈴鹿に入社してから半年が経過しましたね。

 

取り合えずここまでは無事に皆勤を継続できてるので、

まずは第一関門は突破と言ったところでしょう。

 

そして入社から半年経ったという事は

当然ながら年次有給休暇が10日分付与されるわけですよ。

 

そこで今回は改めて年次有給休暇についておさらいしてみたいと思います。

 

 

ちなみに年次有給休暇はザックリ言うと入社から半年以上継続して働いて、

尚且つ所定労働日数の8割以上出勤してたら10日分が付与されます。

 

それ以降の有給発生タイミングは以下の通り。

 

・在籍18ヶ月経過で11日分付与

・在籍30ヶ月経過で12分付与

 

要は3年の間に合計で33日分が付与されるわけですが、

年次有給休暇は発生から2年で権利が消滅するので、

在籍30ヶ月経過時点での最大の保有数は23日分となりますね。

 

よって最初の半年で発生した10日分だけは2年以内に使いきりましょう。

 

ただし、これはあくまでも法律で定められた下限なので、

これより早くor多く付与してくれる会社も存在します。

 

例えばマツダだと試用期間終了後の給料締め日の翌日ですから、

概ね入社から1ヶ月から2ヶ月以内には10日分が付与されますね。

 

また名古屋の日本ガイシなどは入社してすぐに10日分が付与されるそうです。

 

今はまだそういうシステムの会社は極少数ですが、

今後は働き方改革の影響でこういう企業も増えてくるでしょう。

 

 

思えば前職のスバルは4ヵ月半という中途半端な期間で辞めてるだけに、

こうして年次有給休暇の権利が発生するのは本当に久し振りですよね。

 

言わば通算10ヵ月半もの長きに渡り、

有給休暇無しの状態で皆勤を続けたことになるので、

そりゃ長く感じるのは当然でしょう。

 

まあ期間工は半数以上の人たちが短期間で退職してしまうので、

年次有給休暇には縁が無いという人も結構多いのではないでしょうか?

 

例えば我が盟友である熊本飛燕隊さんなどは

通算で10年近くも製造業の期間工や派遣で働いてますが、

1つの会社で半年以上働いたのはたったの1回だけですからね。

 

そりゃ年次有給休暇もお金もバレンタインチョコも縁が無くて当然ですわ。

 

 

ちなみに年次有給休暇と言えばホンダ期間工の最大の特徴として挙げられるのが、

何と言っても退職時の残り有給休暇の買取ですね。

 

おそらくこれは自動車系の期間工ではホンダだけ。

 

ただし、買取は満了退職の場合に限ります。

契約途中の退職はいかなる理由があろうとも買い取り不可。

 

また下記のように在籍日数に応じた最大買取日数も決まってますね。

 

・9~18ヶ月の満了退職で最大5日分まで買取

・21~30ヶ月の満了退職で最大10日分まで買取

・33or36ヶ月の満了で退職で最大11日分まで買取

 

つまりフル満了まで働くのであれば22日分は普通に消化して、

退職時に残りの11日分を買い取ってもらうのがベストでしょう。

 

買取金額は退職時の日給相当額。

 

例えば現在のホンダ鈴鹿の期間工の最高日給は10700円ですから、

もし仮にフル満了での退職時に11日分を買い取ってもらえれば

最後の給料に11万7700円が加算される事になりますね。

 

ただし、法律上は企業側に有給休暇の買い取り義務は無く、

今は働き方改革で有給休暇の取得が叫ばれてるご時勢だけに

こういう時代に逆行したシステムは何れ無くなるかも知れません。

 

そうなれば前述の11万7700円の臨時収入もパーですから、

せめて2年半後まではこのシステムが残ってる事を祈るしかありませんね・・。

 

ホンダ期間工の福利厚生・制服の交換も洗濯も昼食も無料

こんにちは。

今日の夕方に行きつけの店で受付の地味なメガネちゃんが、

コンタクト&巻き髪でイメチェンしてるのを見て、

『あれっ!?メガネ忘れたんか?』

『計算間違えんといてや。ハハハハハ・・w』

という空気の読めないオヤジギャグで大顰蹙を買ったさとやん7です。

 

 

さて、そんな心無いさとやん7ではありますが、

それとは対照的にホンダの福利厚生は期間工にとって実に優しいですね。

今回はそれについて紹介していきたいと思います。

 

まずは勤務日の工場での昼食が無料であること。

おそらくこれは自動車工場の期間工ではホンダだけではないでしょうか。

ちなみにマツダはウオクニ弁当のA食が350円くらいで、

スバルの昼食も400円くらいだったと思います。

だから金額に換算すると月額8000円ほどのお得。

 

 

しかもマツダやスバルに比べて格段に美味しいんですよね。

おそらくクオリティの高さで言えば自動車工場で№1でしょう。

メニューもかなり豊富です。

ちなみにさとやん7はミートスパゲティがお気に入り。

 

創立記念日には特食と言ってステーキも出てくるし、

クリスマスにはケーキまで出してくれるという心配り。

 

ある意味ではこれこそが本当の意味での福利厚生と言えるでしょう。

例え料金が無料でも味がマツダのウオクニ弁当と同じでは意味がありませんからね。

実際にマツダでは飯の不味さを理由に契約更新を拒否する人が多かったです。

やはり工場勤めの人間にとって昼食のクオリティというのは非常に大事。

 

 

そして次に挙げられるのが制服の交換が無料だという点ですね。

しかも入社時に3セットも支給されます。

 

制服って大体はどこの会社も1セットしか支給されないので、

どうしても自腹で何着か購入しないといけませんから結構な出費。

おまけに冬用と夏用までありますからねえ。

マツダの時に一緒だった綺麗好きの青年なんか毎月5セットも購入してましたわ。

自分も当時は制服に結構なお金を使いましたね。

 

確か上下セットで2千数百円だったと思うのですが、

工場の外に一歩出たら何の役にも立たない服だけに

もう少し安くしてくれよなというのが本音でした。

 

でもホンダは制服の交換も安全靴の交換も全て無料なので、

工程の作業内容による不公平感も一切ありませんよね。

おまけに3着あれば洗濯のローテーションも非常に楽です。

 

 

 

そして地味に嬉しいのがホンダは制服の洗濯まで無料な点。

帰りに更衣室の洗濯カゴに入れておけば

翌日に出勤した時にはちゃんと洗濯して棚に置いてあるので、

わざわざ寮や家に持ち帰って洗濯する必要がありません。

当然ながら忘れ物をする心配も無し。

 

このありがたみは実際に寮暮らしを経験した人なら分かると思うのですが、

仕事で疲れて帰って来た後の洗濯って本当に面倒臭いんですからねえ。

 

しかも大概の寮は各階に数台しか洗濯機が無いから順番待ち。

そのためマツダ時代のズボラな同僚は半年も同じ制服を洗濯せずに着てましたわ。

(※ずっとロッカーに置きっ放し)

 

そして彼はあまりの悪臭の酷さに苦情が出て職長から指導を受けてましたが、

ホンダならそういう心配はありませんよね。

 

 

そして3つめですが社員証で自動販売機や売店での買い物が出来るので、

工場内で無駄にお金を持ち歩かなくて良いのも助かります。

しかも、ここの売店は何気に品揃えが豊富。

だからわざわざ出勤前にコンビニへ寄ってくる必要も無し。

 

このようにホンダでは期間工に優しい福利厚生が用意されてます。

痒いところに手が届くとはまさにこの事。

他の会社と違って期間工を大事にしてる証拠ですよね。

おそらくマツダからホンダに来た人などは感動することでしょう・・。