期間工ブログの考察

かげぽんブログと期間工の道を飲食業界に置き換えて考察してみる

こんにちは。

赴任1日前になって頻尿トレーニングを始めたさとやん7です。

具体的にいうとお尻に力を入れて膀胱を締めたり緩めたり。

これで残尿感は随分と解消されるそうです。

まあ歳を取るとトイレの近さは何気に大きな問題ですよね。

どこの会社か忘れたけど作業中に漏らした人もいるとかいないとか・・。

 

 

でも安心して下さい。

仕事中にトイレに行くことは可能です。

リリーフマンを呼べば変わってもらえるのでライン作業でも安心。

物流なんかだと作業の手待ちの時間を利用して行けるので気楽です。

マツダの時なんか50代後半の期間工が1ラウンドに4回も行ってましたからね。

(※さすがにそこまで近いと泌尿器科に行くべきだとは思いますが・・。)

 

 

さて、頻尿の話で散々引っ張ってきましたが、

今回はトイレには全く関係が無い期間工ブログに関しての考察です。

ってことで早速本題に入っていきたいと思うのですが、

まず期間工ブログの主旨と言えば当然ながら期間工情報の提供ですよね。

でもその情報の質というのはブログによって様々。

おそらく体験談であればほとんどの人が良質な記事を作成するでしょう。

でも自分が未体験の情報となると一気に記事の質が落ちてしまうのではないでしょうか?

特に多いのがネットから適当に拾ってきた情報を繋ぎ合わせただけの記事。

転載の一言でパクリ行為を堂々と行うのでブログの運営者としては許し難い卑劣な行為ですよね。

そしてそれがエスカレートしたのが発売前の新車の画像を載せるという暴挙でしょう。

あとは健康保険とか税金に関してもいい加減な情報がチラホラと見受けられます。

 

 

しかし実際問題として読者はそこまで気にしてないと思うんですよね。

だからそういう情報を書いたからと言って信用失墜に繋がるわけでもなければ

SEO的に何らかのマイナス評価があるわけでもありません。

もしそんなペナルティがあるならかげぽんブログや期間工の道は

とっくの昔にネットの世界から淘汰されてることでしょう。

でも真面目なブログの運営者はそこの葛藤に苦しむ人が多いように見受けられます。

かげぽんブログとか期間工の道のように適当な記事を書くのには抵抗があるけど、

トヨタ、デンソー、マツダ、スバル、ホンダあたりは期間工ブログのキラーコンテンツ。

だから書くべきか、書かないべきか・・。

 

 

まあ、その辺のスタンスは真っ二つに分かれてますよね。

・完全に自分の体験談だけで勝負する正統派

・下手な倫理感など捨ててクオリティの低い記事を大量生産する拝金主義派

特に古くからの期間工ブログほどその辺の線引きはしっかりしてる印象。

そしてそういうスタンスを支持する読者層も多いです。

いわゆる本物志向ですよね。

後は少数派ですがきろくがかりさんのように未体験の会社であってもしっかり調べて、

その辺の下手な体験談より精度の高い情報に仕上げてしまう凄腕ブロガーも存在。

だから未体験の情報を書くというのも決して全部が全部悪いことではないでしょう。

知らないなら知らないなりにキチンと調べて書けば問題ありません。

言わばそれも立派な情報提供の一つですからね。

 

 

でも、かげぽんブログや期間工の道のようにいい加減な情報を提供するとなると少々問題。

彼らが正統派の期間工ブログから蛇蝎の如く毛嫌いされる理由の一つはこれでしょう。

おそらく真面目にやってる人ほど彼らの手法は許せないと思います。

ちなみに彼らの記事のクオリティがどのくらい低いのか?

それは記事をコピペして貼り付けてみると分かりやすいと思います。

まあ文字数だけは6000とか7000とか結構なボリュームになってるんですよね。

しかし、そこから広告や内部リンクへの誘導とか記事にはあまり関係ない部分を消してみて下さい。

すると、あら不思議。

実質1000文字くらいの全く中身の無いスカスカの記事に早変わりです。

おまけにその1000文字にしてもメーカーの公式サイトからそのまま引用したような内容。

だから彼らの記事はあの勝ち組期間工ですらもパクれないと思います。

むしろメーカーの公式サイトからパクった方が中身があるというw

それなら最初から1000文字のスッキリした記事にしろよと言いたくなりますが、

やはりそこがSEOの最大の肝になってるのでしょう。

 

 

実質1000文字くらいしかない中身スカスカのウンコみたいな記事を

あの手・この手で6倍・7倍の文字数にまでボリュームアップ。

言わばそれこそが期間工ブログにおける最大の錬金術なのです。

上記の駄文を1000文字のままUPしてたら今の彼らは間違いなく存在してないでしょう。

焼肉でもそうですがクズ肉をクズ肉のまま売ってたら商売になりませんからね。

そこに牛脂やらなんやらを注入して誤魔化すから売れるんです。

そして貧乏人はA5ランクの和牛ではなくそういう得体の知れない安い肉を好んで食べるという。

寿司に例えるならきろくがかりさんの記事は銀座久兵衛の大トロで、

かげぽんブログや期間工の道はくら寿司のバイトが握る得体の知れないネタ。

分かり易く言えば今の期間工ブログ業界の図式はそんな感じです。

 

 

まあでも結局はどっちが良くてどっちが悪いかではないのでしょう。

確かにかげぽんブログや期間工の道に対しては

あんなもんは期間工ブログじゃなくて小学生の絵日記だという厳しい意見もありますが、

寿司業界でも回転寿司はまた別の位置付けになってますからね。

要はターゲットとなる層の違い。

皆が皆、熟練の職人が握った大間のマグロを食べたいわけじゃなく、

中には高校生のバイトがゴミ箱から出してきた魚を食べたい人もいるので、

それぞれのターゲットに合わせて住み分けをしていけば良いんじゃないかと思います。

実際に彼らのブログを見てるとマーケティングの奥深さを感じますからね。

 

 

良質なコンテンツこそが最高のSEOという言葉があるように、

多くの人はそこを目指して日々更新を頑張ってると思うのですが、

質が悪いコンテンツでは集客できないという固定概念を彼らは見事に覆しましたよね。

彼らはおじさまブログのような良質な記事では拾えなかった読者層を掘り起こしたわけですから、

言わば1円パチンコや5スロを始めて大成功したパチンコ屋みたいなもの。

 

 

また彼らは【良質な読者の獲得=収入アップ】ではないというのも教えてくれましたね。

自分の事を良く理解して末永く応援してくれる読者層よりも

何となく広告をクリックしてくれるような読者層を掴んだ方が収入は上がるわけです。

それには上から目線の『面白いでしょ?』みたいな自己満足の記事よりも、

かげぽんブログや期間工の道のようにピエロを演じた方が効果的。

情報商材ビジネスが自分をブランディングするのとは対照的ですね。

例えば入社祝い金や給料の説明をする時でも彼らは

『なんとここだけの話、税金が引かれてしまうんです』

 

という斬新な切り口で読者に語り掛けますが、

これは我々のように常識に捉われたブロガーにはまず無理でしょう。

下手したらバカにしてるのかと怒られてもおかしくないですからね。

しかし彼らはピエロを演じて読者目線で語りかけるからこそ受け入れられるわけです。

そして邪道だろうが何だろうがそれも立派なビジネスモデルの一つ。

たまに期間工ブロガー同士で褒め合ってるのも見掛けますが、

実際に世間から幅広く受け入れられてるのはかげぽんブログや期間工の道。

だから正統派ブログの人たちも単に邪道だと言って毛嫌いするのではなく、

かげぽんブログや期間工の道からも学ぶ物があるという姿勢の方が良いでしょう。

やはりアドセンスの広告を貼ってる以上は収入が欲しいというのが本音ですからね・・。

 

何故かげぽんブログや期間工の道はあんなにも皆からボコボコに嫌われるのか?

こんにちは。

昨日の昼に期間工とは全然関係ないキーワードで検索してたら

13年ほど前に自分が作ったサイトが出てきて、

あまりのコンテンツの素晴らしさに心が震えたさとやん7です。

おそらく今からでもちゃんとSEOをやり直せばそこそこの金は生んでくれるかも・・。

 

 

まあ、十年一昔とは良く言ったもんで、

当時あれだけ盛況だった某ジャンルも今では完全に絶滅状態。

さるさる日記なんかもすでにサービスを終了してますよね。

もはや『バスルームで横ちん』と検索してもお風呂掃除のグッズしか出てきません。

あの井上オークスと肩を並べた程の大文豪が、

セリアの100均商品よりも順位が下とは嘆かわしいもんですわ・・。

 

 

でもそれは時代の流れやSEOが変わってしまっただけで、

良質なコンテンツは何年経っても色褪せる事がないと思うんですよね。

むしろライバルが消滅した今だからこそ逆に輝くのかも・・。

実際に自分が作ったサイトを久しぶりに見たら物凄く新鮮でしたからね。

だから当時のブログを一つ一つリメイクしていけば再び日の目を見るかも知れません。

バブル期の象徴だったジュリアナ東京だって数十年の時を経て復活してますから・・。

 

 

まあ、ちょうどブログの作成に開眼したタイミングでネオヒルズ族の記事を見て、

それがキッカケで昔の知り合い達と再び連絡を取るようになり、

更には自分が13年前に作ったサイトを発見して新たな可能性を見出すというのは

何かこう運命的なものを感じずにはいられませんよね。

そして自分の原点は今も変わらずあの時代ということなのでしょう。

 

 

ってことで少し前置きが長くなってしまいましたが今回のテーマはSEO。

最近のSEOの一つとして読者のサイトの滞在率を上げるというのがありますよね。

せっかく読者がブログランキングとかツイッターとか検索で入ってきても、

すぐに直帰してしまうとSEO的にはかなりのマイナス評価らしいです。

だから如何にしてサイト内を回遊してもらうかが勝負。

でも自分が思うに一見さんの滞在率を上げるというのは

文章力とかコンテンツだけではなかなか難しいと思うんですよ。

どんなに有益な情報でも興味が無ければリピーターにはなりませんからね。

ましてや期間工ブログというのは非常に閉鎖的なジャンルですから・・。

 

 

じゃあ、具体的にどうすれば良いのか?

それは自分自身に興味を持ってもらうしかないと思うんですよ。

そこの第一関門をクリアしてこそ始めてコンテンツの良さも活きてくるはずです。

でもアイドル並みのルックスでもない限りは人気なんてそうそう出るもんではありませんよね。

特に自分なんてただのメタボなコミュ障のどうしようもないジジイです。

元が絶望的に悪いからsnowで盛ったところで無駄でしょう。

同じブサイク枠の熊本飛燕隊さんもユーチューブでダイエット企画をしてた事がありましたが、

心無い閲覧者から醜い体だ、ブサイクだと散々批判を浴びて、

 

『やかましいコラッ!』

『てめえら1人残らずにぶちこ●すぞ!』

 

と言ってブチ切れしておられましたわw

まあ確かに期間工のおっさんのダイエットなんて誰も見たくありませんからねえ・・(^^;)

おそらく世界中探しても需要は0でしょう。

今はユーチューブもどんどん過激になっていく一方ですから、

下記の画像のようなインパクトが無いと人気者にはなれないと思います。

 

 

でも期間工にはそんなインスタ映えする派手な生活は無理。

そうなるとかげぽんブログとか期間工の道のように炎上狙いの言動をして、

皆からボコボコに嫌われるというのが一番手っ取り早い手法でしょう。

アンチも裏を返せば最高のファンですからね。

実はそういうアンチほど一生懸命にサイトを見てくれるもんです。

だから自然とサイトの滞在率も上がるという・・。

 

大重麻衣ちゃんLOVE

 

おそらくかげぽんブログや期間工の道の言動の裏にはそういう意図もあるのでしょう。

彼らのブログに誤字脱字とか間違った情報・珍発言が異常に多いのも

そういうアンチの滞在率を上げる狙いがあるのかも知れませんね。

しかも読みやすい文章だと逆に滞在時間も短くなってしまいますから

SEO的にはああいう片言の日本語の方が効果的なのでしょう。

特にかげぽんブログなどは文章構成とレイアウトとメディアパートナーの広告が酷すぎて、

肝心の中身を理解するのにかなりの時間を要してしまいます。

おまけに邪魔な吹き出しも至るところにあるし、

広告なのか内部リンクなのか良く分からないトラップも仕掛けてありますからね。

でもそれこそが彼らの狙い。

そして我々はまんまとその罠に嵌ってしまってるわけです。

そう考えるとあの2人は物凄い天才ですよね。

 

 

勝ち組期間工にしてもスバルの一件は故意にやったのかも知れませんよね。

発売前の新車の画像を撮影するだけでもありえないのに、

それをついうっかりブログに載せてしまうなんていうのは考えられません。

だから間違いなく確信犯でしょう。

まあ、そのおかげで彼は期間工のコンプライアンス違反の例として、

半永久的にスバルの受け入れ教育で晒し上げてもらえるわけですからね。

だいたい毎週30人くらいの期間工が入社してくるわけですから、

それって考えようによっては凄く美味しい話です。

 

 

あとは3K新聞なんかも実にアンチの心を擽る素晴らしい仕上がり。

アンチを飽きさせないように常に燃料を投下してきますからね。

そう考えると読者の顔色を窺いながら当たり障りの無い記事を書くというのは

ブログの世界では最も愚かで最も不毛な行為なのかも知れませんね。

そして当ブログなどはまさにその典型的な例。

自分は気が弱くて神経質で常に人の評価や顔色を窺ってるので、

とてもじゃないけど人の悪口なんか書けないし、

記事も他のブロガーさんたちと似たような右に倣えの内容ばかりですからね。

タイトルもありきたりなのでブログランキングでも人の目に止まり難いでしょう。

とにかく自分はメンタルが弱いのでアンチから叩かれるのが怖いですからね。

少しでも批判的な事を書かれると胸が痛くて夜も眠れません。

だからどうしてもブログが保守的になってしまうわけです。

しかしこのまま平和路線を貫いてるだけではアクセスは頭打ち。

そのため今後は熊本飛燕隊さんを見習って人間の汚い部分を出していこうと思います。

 

期間工ブログでかげぽんちゃんや期間工の道のように年収1億円を稼ぐのは可能か?

こんにちは。

ネオヒルズ族の友人からまた皆で集まりましょうと言われて、

それはちょっとした罰ゲームだなと思ってしまったさとやん7です・・(^^;)

 

ちなみに彼は情報交換は大事だと言ってましたが、

それって秒速で1億円を稼ぐ方法を教えてもらう代わりに、

わたくしはスバルやマツダの入社祝い金でも教えたら良いのでしょうかねえw

(≧∇≦)ノ彡バンバン

 

 

まあ、さすがにこれは極端な例だとしても、

実は期間工ブログってターゲットとなる層が物凄く限られてくるジャンルですよね。

だから期間工同士の共感は得やすくても異業種の人にはかなり理解しがたい世界。

そもそも製造業自体が好き嫌いがハッキリ分かれてしまう業種ですからねえ・・。

おそらく貧乏に喘ぐフルキャスト時代の知り合いでもそう簡単には興味を示さないでしょう。

ましてやパチプロ時代の知り合いであれば尚更。

 

こういう美女の画像でも載せないとダメですねw

 

そして今回のテーマはそんな期間工ブログを運営していく上での難しさ。

これだけブログがたくさんあれば自分と同じように壁にぶち当たってる人も多いでしょうからね。

まあ、冒頭でも書いたように情報交換というのは非常に大事。

だから今回の記事を読んだ上でのご意見・ご感想などもいただけたら幸いです。

 

ちなみに記事の要点はこんな感じですね。

 

・なぜ期間工ブログはつまらないのか?

・このジャンルに未来はあるのか?

・期間工ブロガーが参考にしたいブログ

・稼げるブログとそうでないブログの違い

・収入の公表ってどうなの?

 

 

なお今回の目次は下記のような感じです。

 

上に戻りたい時は右下の矢印ボタンを押せばOK

←こんな感じのボタン

 

では、早速いってみましょう。

期間工のブログに関しての考察

期間工ブログが面白くない理由

普段の生活が地味

実は期間工ブログって数あるブログの中でも特に面白くないジャンルだと思います。

(※運営者の自分が言ってしまっては身も蓋もありませんが・・w)

まずその理由としては多くの人が貯金や借金返済などを目的としてるので、

どうしても生活が地味になってしまいがちなことが挙げられるでしょう。

しかも節約ありきの貯金方法になってしまってるだけに尚更ですよね。

毎日1000円くらいで生活して月に10万とか15万円くらい貯金するような感じですから・・。

そんな生活の中から面白いネタが生まれるかと言えばまず無理でしょう。

仕事も毎日単純作業の繰り返しですからね。

結果的に幾ら貯金しましたとか、今月は幾ら貰いましたという報告が中心。

まあ確かに3年掛けて500万円貯めれる人というのは素直に凄いと思いますけど、

その話に需要があるかと言えば全くありませんからねえ。

そんなもんは日曜の深夜にテレビでやってる暗いドキュメンタリー番組と同じ。

かと言って雑記が中心になるとそれはもう期間工ブログではなくなります・・。

だから大半のブログがすぐに更新が停まってしまいますよね。

生活の安定

期間工ブログが面白く無くなってしまう二つ目の理由としては

下手に生活が安定して守りに入ってしまうことが挙げられると思います。

年収400万円って派手な生活は出来ないけど別に貧乏でもないですからね。

だから幸せでも無ければ不幸でも無いという中途半端な状態。

実際に今の自分は近鉄電車を見ても飛び込みたいという衝動に駆られませんw

もう昔みたいにトシオ(父親)と一緒に家の権利書を持って銀行を回ったり、

ニッカポッカで横綱ラーメンを片手に六本木ヒルズに泊まりに行くなんていう事も無いでしょう。

今はただひたすら平和に時間だけが過ぎていく感じ。

そして振り返れば幾ばくかの貯金と虚しさだけが残ってるという・・。

言わばそれが年収400万円というぬるま湯の生活。

そういう状況下では自然とハングリー精神も失われていきます。

つまり我々は期間工として工場の中で日々モノを造ってますが、

期間工という働き方は良くも悪くもつまらない人間を造り出してしまうのです。

身バレのリスク

最後の理由としては身バレを理由に書けることが制限されてしまうことでしょう。

まあ実際に会社の方もブログやツイッターの存在は概ね把握してるみたいですからね。

その昔に期間工の道がマツダでやらかした時に職長が言ってましたが、

苦情が入った分に関しては会社としても動かざるおえないそうです。

要は何も無ければ黙認するけど調子に乗ったら許さんぞという意味ですね。

そしてあまりにも度が過ぎると勝ち組期間工のサイトみたいに

半永久的にコンプライアンス教育で晒し上げられるという悲惨な事に・・(^^;)

だからそういうリスクを考えると当たり障りの無いことしか書けませんよね。

その結果として期間工飯などというウンコ企画が生まれてしまうわけです。

言わば規制に苦しむ5号機や6号機のパチスロ事情みたいなもんですわ。

 

稼げるブログとそうでないブログの違い

神経の図太さ

ここからは話題が変わって稼げるブログとそうでないブログの違いについての考察。

まあこれはお金のためにどこまで割り切れるかでしょうね。

先ほども書いたように儲けるにはクオリティの低い記事を大量生産するのが一番。

でも普通の人にそれは凄く抵抗のあることだと思います。

例えば以前にかげぽんちゃんが正社員登用試験の合格率について書いた時の記事。

『合格率は3%、試験は年に2回受けれるそうです』

『なるほど。つまり合格率は6%ということですね。』

 

ある意味ではこれが一つの踏み絵。

おそらくこの状態で記事をUP出来る人は期間工ブログで勝ち組になれる人でしょう。

見る人が見れば顔から火が出るほどに恥ずかしい珍発言ですが、

別にこのまま修正しなくても特に問題は無いレベル。

だからこれを恥ずかしく感じてしまう人はブログでのお金儲けに向いてません。

細かいことを気にしてたら記事の大量生産は出来ませんからね。

自分などはこういう所をスルー出来ないので記事の作成に無駄に時間が掛かってしまいます。

そういう意味ではかげぽんブログとか期間工の道は一切のブレが無いので強いですわ。

まるでライン作業の如くクオリティの低い記事を黙々と生産していきますからねえ・・。

おそらくMAZDAをMATHUDAと書いても修正せずに強行突破でいくことでしょう。

あの神経の図太さというのは並のブロガーには真似できません。

大事なのは期間工の道ではなく人の道

最近の期間工ブログを見ると9割がアドセンス広告を貼り付けてますよね。

これは間違いなくかげぽんブログの影響でしょう。

でもだからと言って皆が期間工の道とか、かげぽんブログのように

『お金・お金・お金・お金・お金』

『お金・お金・お金・お金・お金』

『お金・お金・お金・お金・お金』

『お金大好き~!』

 

というスタンスでやってるかと言えば決してそういうわけでもないんですよね。

どちらかと言えば大半の人たちが一歩引いた立ち位置で、

私は彼らとは違いますよみたいな感じの発言をしておられます。

 

まあ、これに関しては正直どっちが良くてどっちが悪いとも言えませんよね。

要は倫理に重きを置くのか実利に重きを置くのかの違い。

お金が欲しいなら期間工の道やかげぽんブログのように

徹底してクオリティの低い記事を大量産していけば良いでしょう。

そしてASPも儲かりそうなものは何でも紹介してしまうというスタンス。

そこまでやれば年収1億円はもう目前です。

 

 

でもそれは同時に期間工の道ならぬ人の道に外れる行為でもありますからねえ。

だから抵抗を感じる人も多いことでしょう。

そこが期間工ブログ運営における一つの壁。

 

しかし下記のような記事もありましたが特に収益に影響は出てないみたいですよ。

期間工ブログのかげぽんさんがお薦めの副業はどうやら詐欺みたいよ

 

つまりやったもの勝ちというのが期間工ブログの世界。

だからお金を儲けたいなら欲望に忠実になった方が良いかも知れませんね。

収入を公表するのは有りか無しか?

自分が期間工ブログで一番不思議なのは収益を言いたがる人があまりにも多いこと。

これって何か得することがあるのでしょうか?

まあ、情報商材ビジネスとかならまだ分かるんですよ。

あれは如何に自分をブランディングできるかが勝負ですからね。

でも期間工のブログで収入を公表して何の得!?

しかも単価に見合った情報やサービスを提供してるのならまだしも、

大半のサイトはパクリ記事とか粗悪な情報を元に稼いだ収益ですからねえ。

それを自慢するというのは詐欺師集団が飲み屋でお姉ちゃん相手に

お酒を飲みながら犯罪行為の自慢してるのと変わらないレベル。

正直、これはどうかと思いますよねえ・・。