期間工ブログは終わった!ただそれだけだ・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

リバウンドが怖くて吉野家のスタミナ超特盛丼が食べれないさとやん7です。

 

 

まあ、1勤でフル生産した日の仕事帰りとかならまだしも、

ほとんど動いてない状態で1700kcal超はさすがにねw

 

せっかく年頭から順調に体重が減ってきてるというのに、

こんな禁断の果実を腹一杯食べてしまったら、

全ての努力がミズノカズヤならぬ水の泡になってしまうでしょう。

 

 

しかも今年のプール開きまでに残された時間は少ないので、

何としてもここで足踏みするわけにはいきませんわ。

 

ちなみに努力が水の泡と言えば最近の期間工ブログの現状ですが、

もはや副業としては完全に終わってしまった感がありますね。

 

理由は今回のコロナ騒動で広告の単価が暴落してしまったからです。

おそらくまともに稼げてる期間工ブログは皆無でしょう。

 

まあ今は期間工の求人自体が壊滅状態に追い込まれてるわけですから、

普通に考えて期間工ブログというビジネスモデルが成り立つはずがありませんよね。

 

もちろんこのブログも1日100円のレベルまで収入が落ち込んでます。

これでは昼休みのコーヒー代にもならんw

 

 

まあさとやん7も20代後半の時には他ジャンルのブログで月収150万円を超えてた時代がありましたが、

やはり栄枯盛衰という言葉があるようにいつまでも美味しい状況は続きませんわ。

 

もちろんそれはブログの収入だけじゃなくて仕事でも女性関係でも同じことが言えますよね。

 

だからこそ人は常に階段を上り続けないといけないし、

その事を忘れて次の手を打たずにいると気が付いた頃には浦島太郎。

 

おそらく期間工ブログというジャンルはこのまま衰退の一途を辿っていくでしょう・・。

 

 

まあ仮にコロナウイルスが1年程度で収束したとしても、

経済が元に戻るまではそれ相応の年月を要するわけですから、

期間工の仕事も当分は受難の時代が続くと思われます。

 

例えば現状ではス●ルが数少ない期間工求人の一つですが、

この状況下では応募が殺到するのは目に見えてますよね。

 

ちなみにス●ルの入社祝い金はついに0円になりました。

(※昨年の2月にさとやん7が入社した時は45万円)

 

おまけに皆勤手当の3万円も無くなったそうです。

 

少し前までならそんなゴミ求人は誰も見向きもしませんでしたが、

今は藁にもすがる思いで応募する人が多いと思うので、

おそらく今年の5月の求職者数は過去最高の数値に達する事でしょう。

 

そうなってくると20代ですらも落とされる人が出てくるだろうし、

40代や50代ともなれば言うに及ばずですよね。

 

 

そしてそうやって小出しにしか求人が出てこない状況が続いてしまうと、

我々のように真っ先に弾かれてしまう存在である40代や50代の人間は

いつまで経っても職に就けないという最悪の事態も充分に考えられます。

 

だから今後はブログも仕事も期間工という枠組みだけに捉われずに、

もっと臨機応変にやっていった方が良いでしょうね。

 

こういう状況だからこそ逆に狙い目になる事もあると思うので、

それに関しては試行錯誤を繰り返していくしかありませんわ。

 

つまりレッドオーシャンからブルーオーシャンへの移動ってことですよね。

 

 

まあ、今までやってきた事を捨ててイチからというのは非常に勇気のいる事ですが、

このまま期間工という泥舟にしがみついてたところで何のメリットもありません。

 

だから2年4ヵ月後には期間工からも期間工ブログからも完全に脱却できるように

今の内から少しずつでも準備を進めていきたいと思います・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。