51連休の終わりに世界の中心でホンダなんか行きたくねえと叫ぶ期間工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

3年くらい放置してた無料レンタルブログを開いたら、

53件も新着コメントがあってドン引きしたさとやん7です。

しかも全部1人による投稿・・w

熱狂的なファンに追い掛けられるアイドルの気持ちが少し分かりましたわ。

 

さて、いよいよ期間工たちの10連休も終わりに近付いてきましたね。

おそらく今頃は憂鬱な気分になってる人も多いことでしょう。

でもこっちは憂鬱どころの騒ぎではありません。

なんてったって怒涛の51連休が終わるわけですからね。

それこそ気分はこの世の終わりです。

 

 

しかし昨今の採用事情の厳しさを考えれば働き口があるだけ幸せかも知れません。

本来であればこんなフォークリフトの運転しかできないコミュ障のポンコツメタボ親父は

熊本飛燕隊さんと一緒に期間工業界からお払い箱になっててもおかしくはありませんからね。

そう考えるとマツダ・スバル・ホンダの器の広さには感謝です。

実際に熊本飛燕隊さんなんかは全ての車体メーカーで不採用を食らって、

 

『期間工 全部落ちた 日本しね!』

 

と怒り狂っておられましたからね。

もちろん山尾志桜里議員や民主党が助けてくれるわけではないので、

そのまま自動車系期間工の世界からはフェードアウトされて逝きましたが・・。

だから自分は熊本飛燕隊さんの分まで頑張らないといけません。

それこそ短期退職なんかやらかしたら天国の熊本飛燕隊さんに笑われてしまいますわ。

というわけで今回は赴任直前の心境や準備状況などを綴っていきたいと思います。

 

ちなみに記事の要点は以下の感じ。

 

・参考にしたブログは3つ

・赴任の際に必要な物

・本田で働くなら鈴鹿よりも埼玉?

・今回は仕事と生活は分けて考えるべき?

・体調面がやや心配

・心の準備と決意

 

 

なお今回の目次は下記のような感じです。

上に戻りたい時は右下の矢印ボタンを押せばOK

←こんな感じのボタン

 

では、早速いってみましょう。

ホンダ期間工への道

予備知識編

参考にしたブログ

おそらく今の時代はほとんどの人が赴任前に何らかのブログを参考にしてると思います。

もちろんそれは期間工ブロガーである自分も例外ではありません。

例えばマツダへ赴任する時はおじさまのブログ。

スバルへ赴任する時はきろくがかりさんのブログ。

それぞれ参考にさせていただきました。

まあホンダ鈴鹿は同業他社よりも情報が充実してるので助かりますよね。

裏を返せばそれだけ門戸が広くて生き残りやすい証拠かも・・。

ちなみに今回の赴任に際して参考にさせていただいたブログは全部で3つ。

もちろんそのサイトとはかげぽんブログ・期間工の道・勝ち組期間工ではございません。

あんなものは糞の役にも立ちませんから・・(^^;)

自分が参考にさせていただいたのはこちらです。

おそらく一番上のブログはほとんどの人が参考にしてるのではないでしょうか?

かなり昔からブログランキングの上位をキープしてますからね。

他の2つは最近のホンダ鈴鹿の現状を知るのに最適。

もちろんこれ以外にもホンダのブログはたくさんあるのですが、

あまり情報が古いと役に立ちませんからね。

だから赴任の際には出来るだけ新しいブログを参考にすると良いでしょう。

ホンダ鈴鹿の期間工ブログを読んだ感想

ちなみに期間工ブログや5chを拝見してまず最初に思ったのは

同じホンダの期間工ブログでも埼玉と鈴鹿では随分と違うよなあってこと。

埼玉の方は概ね良い評判ばかりなのに対して鈴鹿の方は悪い評判だらけ。

スバルで言えば大泉工場と矢島工場の違いみたいなもんでしょうか。

以前に寄居の期間工仲間に寮の部屋の写真を見せてもらいましたが、

自分が入寮予定の鈴鹿の部屋とは違って凄く綺麗な部屋でした。

なぜ同じホンダなのにこうも違うかと言いたくなる感じ。

もしあれで現物課税の金額が同じなら激おこプンプン丸ですよね。

それこそウオクニ弁当と最高級A5ランクのステーキが同じ値段だと言ってるようなもの。

あとは作業訓練もじっくりと時間を掛けて丁寧に教えてくれると言ってましたわ。

でも鈴鹿のブログを読む限りではそういう雰囲気が一切感じられません。

確かバッタさんも自己都合退職に追い込まれてましたよねえ・・。

まあ自分は敢えて実家までの距離の近さを優先させましたが、

そういう特別な理由が無い限りは鈴鹿よりも埼玉の方が断然おすすめでしょう。

唯一の懸念材料

マツダとスバルを渡り歩いて期間工としては完成の域に近付きつつあるさとやん7。

しかし、そんなさとやん7にも天敵がいるんですよねえ。

ワンピース風に言えばDの一族。

実はこれもホンダ鈴鹿を避けてた大きな理由の一つ。

とにかく苦手という表現がピッタリとくる人です。

だから唯一の懸念材料があるとしたら奴と同じ職場になること。

共にフォークリフトの有資格者だけに可能性は充分に考えられますよね。

もっと可能性があるのは寮が一緒になること。

隣の部屋の表札にDの名を持つ男が住んでたらマジで泣きますわ・・。

 

事前準備編

赴任の準備

すでに赴任の際に必要な書類は全て揃えてあります。

ざっと挙げると以下のような感じ。

 

・印鑑

 

・筆記用具

 

・住民票

 

・誓約書

 

・銀行口座のコピー

 

・雇用保険被保険者証

 

・年金手帳

 

・前職の源泉徴収票

 

・マイナンバー確認書類

 

まあ下手に期間工歴が長くなるとこういうのは妙に手馴れてきますよね。

わざわざ入社の案内を見なくても分かるようになってきましたわ。

労務関連の知識があれば入社時・退社時に必要な物は自ずと分かってくるでしょう。

ちなみにホンダ鈴鹿の寮はかなり治安が悪いそうなので、

追加の持ち物としてスタンガン特殊警棒も必要かも知れませんねw

赴任時に持って行った方が良い物は?

実は今回は荷造りは一切してません。

何故なら毎週末は実家に戻って過ごす予定ですからね。

それどころか2直の週は天気と季節次第では自宅から通うかも・・。

だからほとんど持って行くものはありませんわ。

最低限の着替えとノートパソコンだけ。

パンティーや靴下は向こうで買えば良いでしょう。

こっちはこっちで残しておかないと帰る度に持って移動するのは大変ですからね。

ちなみに赴任時に持って行った方が良い物というのは

期間工ブログで常に上位にランクインする質問の一つですけど、

近くにイオンがあるなら現地で揃えるのが一番ではないでしょうか?

仕事も工程によって痛める箇所は違いますからね。

だからまずは寮に住んでみる。まずは働いてみる。

そこで初めて何が必要かが見えてくるでしょう。

例えば1日中歩き回る工程であればインソール。

手を酷使する工程であればテーピング。

寮の隣人が変な奴であれば金属バット

テレビも冷蔵庫も無い生活?

今度の入寮予定の部屋にはテレビも冷蔵庫も無いそうです。

まあテレビの普及率が96.6%と言われるこの時代に

敢えてテレビを置かないところにホンダイズムを感じますね。

これにはNHKから国民を守る党の立花孝志代表もビックリでしょう。

でもわざわざ自腹で買ってまで用意するつもりはありません。

あくまでも三重は仕事だけで生活の拠点は実家ですからね。

平日はホンダの仕事とスロットのハイエナとブログの更新と筋トレだけ。

部屋にあれこれと家電や家具を置く必要はありません。

それこそ5分で夜逃げ出来るくらいの荷物で充分。

平日は刑務所にでも入ったつもりで娯楽は我慢しますわ。

今はそうやって自分を追い込んでいかないとダメな時期ですからね。

だからテレビが無いというのはむしろ好都合。

体調面

実はホンダの採用が内定してからはほとんど体を動かしてません。

おそらくこの状態で熊本飛燕隊さんと喧嘩したら倒すのに5分は掛かるでしょう。

つまり小学生と喧嘩しても勝てるかどうかまで体力が落ちてるわけです。

そういう状態でいきなり真夏の工場に放り込まれるわけですから不安ですよね。

工場の夏がどれだけの地獄かは身を以って分かってますから・・。

できれば涼しくなってから入社したかったというのが本音。

しかも生活は完全に昼夜逆転してしまってますからね。

さすがにこれだけは修正しておかないとヤバイでしょう。

赴任前の心の準備

最後は赴任前の心の準備。

この赴任直前のナーバスな気持ちというのは何度味わっても嫌なもんですよね。

仮に60歳まで期間工で働くとしたら、あと何回味わう事になるのやら・・。

でも、さすがに期間工も3社目ともなると最初よりは不安は少ないですよ。

過去の経験から自動車工場がどういう所なのかは概ね分かってるつもりですし、

配属ガチャに関してもそこまで心配はしてません。

おそらくフォークリフト又は物流の配属でしょうからね。

唯一の心配は先ほども書いたようにDの名を持つ一族との遭遇だけ・・。

まあ、なんだかんだでスバルもマツダも最後には帳尻を合わせて良い形で終われてますからね。

余程の事がない限りは最悪の結果にはならないと思います。

ただ、今回に関しては最低契約期間まで我慢してそれで終わりではダメ。

せっかく副業に適した環境なのにそれを活かせないと意味がないですからね。

だから最低でも貯金が300万円を超えるまではホンダ鈴鹿で頑張りたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。